読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女性の育毛とシャンプー! 大事なポイントをまとめてみました。

今回は、女性の育毛シャンプーについて まとめてみました。

あなたは毎日使うシャンプーは、

どんなものを使用していますか?

f:id:watoson1988:20170219141220j:plain

普段使っているシャンプーが原因で抜け毛が酷くなることがある?

どんなシャンプーを気を付けたらいいのか、 簡潔にまとめていきます。

この成分が入っていれば要注意です!

【頭皮への刺激が強すぎる要注意成分】

ラウリル硫酸ナトリウム ラウレル硫酸ナトリウム ラウリル硫酸アンモニウム ラウレル硫酸アンモニウム

女性の薄毛の原因ってなんでしょうか

ズバリ、

頭皮環境と、ホルモンバランス、

この2つが原因です。

ホルモンバランス

加齢とともに、女性ホルモンは減少していきますので、 このホルモンのバランスが崩れることで薄毛に繋がります。

女性の薄毛対策

薄毛対策はこれらを実践しましょう。

頭皮を圧迫しないことが重要です。 頭皮に負担をかけないヘアースタイルが 望ましいです。

ストレスをためないことが大事です。 ストレスを受け続けると血行が悪くなるので、 薄毛に繋がることがあります。

日頃からストレスをためないよう、 リフレッシュする時間を作ることが大事です。

油っこい食べ物を食べ過ぎると、 頭皮の皮脂量が増え、 頭皮のベタつきに繋がります。 過剰な皮脂は頭皮の毛穴を塞ぎ、 それが薄毛の原因となります。

睡眠は重要です。 充分な睡眠を取る深い眠りに入った3時間は、 髪の成長に関わる成長ホルモンが 活動的になる時間です。

紫外線を防ぐことも大事です。 頭は、顔や手足よりも高い位置にあり、 髪や頭皮は最も紫外線を受けやすい場所ですよね。 いつも同じ分け目にしていると、 紫外線がそこに当たり続けたりします。 分け目を変えたり、 頭皮に使用が可能なスプレータイプの 日焼け止めを使用したり 対策しましょう。

アルコールを控えることも効果的です。 アルコールを過度に摂取することで、 眠りが浅くなったり体の巡りが悪くなるので、 頭皮に十分な栄養が行き渡らず、 薄毛の進行が進んでしまいます。

タバコを控えることも大事です。 これは明らかですよね。 タバコに含まれるニコチンは、 血行を悪くします。

帽子のかぶり方。これも注意が必要です。 頭にフィットしすぎる帽子は頭皮を圧迫し、 血行を悪くしてしまうことに繋がります。

ヘアカラー・パーマを控えることも大事です。 カラーやパーマは、頭皮にとって負担となります。 美容師さんに相談したり、納得のいく液剤を 使用している美容院を探したり、 カラーやパーマの頻度を少なくするなど 工夫が大事です。

女性ホルモンが影響している薄毛の場合、 シャンプーを変えたり、 薄毛を防ぐ生活習慣を心がけたりしても、 直接的な対策にはならないことが多いとされています。

ですが、健康的な食生活は髪や頭皮だけでなく、 体全体にとっても欠かせない大事なことです。

バランスの良い食生活を心がけた上で、 不足しがちな栄養素を補えるようにしましょう。

たとえば「大豆イソフラボン」は、 女性ホルモンの一種である「エストロゲン」に 似た働きをするといわれている栄養素。

エストロゲンの量は、 40代頃には減少傾向にあるといわれています。

大豆イソフラボンの含まれる食品≫

豆腐、きなこ、大豆、納豆、みそ、豆乳、

これらの積極的な摂取は効果的です。

シャンプーの種類について

シャンプーの種類には成分でみると 3種類とそれ以外があります。 含まれる成分によって洗浄力や頭皮への刺激が異なり、 薄毛や抜け毛で悩まれてる方は シャンプーの選択に注意してください。

高級アルコール系シャンプー

高級アルコール系シャンプーは 市販されているシャンプーに多い種類です。 他のタイプより洗浄力があると言われており、 頭皮への刺激:洗浄力がある分、 頭皮の必要な皮脂まで取ってしまう場合があります。 成分原料が調達しやすく製造数量が多いことなどから 比較的低く抑えられた価格帯です。

石鹸系シャンプー

石鹸系シャンプーは 以前よく使われていたシャンプーです。 洗浄力が少し弱いですので、 頭皮への刺激は、高級アルコール系シャンプーより 刺激は弱いです。ただし石鹸カスが頭皮の付着することがあります。 比較的低く抑えられた価格帯です。

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸系シャンプーは最近注目されているシャンプー。 洗浄力は強くありませんので、 しっかり丁寧に洗髪する必要があります。 頭皮への激がほとんどないため、 頭皮の負担が軽く、薄毛で悩まれている方向きです。 価格帯は比較的高めです。

その他の種類のシャンプー

その他の種類のシャンプーとしては、

・オーガニックシャンプー ・天然成分シャンプー ・無添加シャンプー

これらについては明確な定義がなされていないため、 選択する際には注意が必要です。 洗浄力、頭皮への刺激、価格帯とも商品により様々。 含まれる成分表示がしっかり記載されているか確認してみてください。

以前の記事でも書きましたが、 haru のシャンプーがおススメです。

参考にされてください。

sena.



スポンサーリンク


スポンサーリンク