読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

髪の長さ別、タオルの巻き方 毎日の髪のケア、きちんとケアできてますか?

こんにちは。

今日は、黒髪スカルプのお話しです。

黒髪スカルプ・プロをお使いになる方もいらっしゃるかと思います。

頭皮や髪の毛の調子はいかがでしょうか?

毎日髪の毛の長さに合った量をお使いであれば、 徐々に頭皮環境は良くなってきていきます。 ぜひ、そのまま無添加のシャンプーをお使いになってみてください。

さて、今日はシャンプー後の仕上がりをよくするためのコツを お伝えしたいと思います。

それは、「乾かし方」です。

濡れている髪の毛は、髪の表面のキューティクルが開いていて ものすごくデリケートな状態。

そのまま放置しておくと、頭皮に雑菌が増殖し、 髪の毛の内部の栄養や水分、色素が流れ出てしまいます。

きちんとドライヤーで乾かすことによって、 キューティクルを閉じ、ツヤのある髪を目指すことができます。

乾かすまえにお試しいただきたいのが、タオルドライ。 スキンケアをする数分間だけでもタオルを巻いておくと、 ポタポタ垂れる水分を吸い取ってくれるので、ドライヤーの時間を短縮できます。

髪の長さ別、オススメの巻き方はこちら

髪の乾かし方

1.タオルドライ後、髪の毛束を持ち上げながらドライヤーをあてます。

2.ドライヤーは頭から15センチ離した状態であてます。

ドライヤーが近すぎると熱風の温度が高すぎて 髪の毛を傷めてしまうこともあります。

少し距離を置いて乾かすことで、 熱風の温度が下がり、髪へのダメージを防ぐことができます。

3.頭皮が乾き、髪の毛が8割がた乾いたところで温風から冷風に変更します。

冷風は、ドライヤーの熱で広がってしまったキューティクルを キュッと閉じてつやつやの髪にしてくれます。

ムービーはこちら

www.youtube.com

シャンプーを続けやすい価格で提供してくれてるのがharu のシャンプーです。

シャンプーは毎日使うものだから、続けやすい価格で。 お客様のライフスタイルに合わせたお申込み方法をご用意しております。

世の中には「無添加」「オーガニック」「ボタニカル」など、 良さそうな言葉が並んでいる商品がたくさんあります。

でも、それは良さそうに見えても、 中には良くないものもあるのをご存じですか?

それは、自然派の商品でも合成の成分がたっぷり入っていることがある、 ということ。

例えば、オーガニック系シャンプー。

素材の一部は確かにオーガニックなのですが、 よく見てみると合成の成分がたっぷり配合されていることも。

実は、オーガニックだけでなく、無添加やボタニカル系の商品にも 同じことが言えます。

成分の一部が無添加であれば、 残りが合成成分で作られていても無添加商品として販売できてしまいます。

ちなみに最近流行りのボタニカルは、 「植物の」という意味。

植物由来の成分が入っている商品に使われることが多い言葉ですが、 1つでも植物由来の成分が入っていればボタニカル商品として言えてしまうのです。

でも、それって本当に良い商品と言えるのかな、と思うのです。 だから、haruは100%天然由来にこだわります。

素材の全てが天然由来で、余計なものを入れないのは、 頭皮への負担を考えているから。

そして、それが健康な髪を育む一番の近道と信じているからです。

「良さそう」ではなく「本当に良いもの」をつくる。 「見せかけの美しさ」ではなく「本当の美しさ」を提供する。

これからもharuはこの信念を貫きます。

…ちょっと暑苦しかったでしょうか (笑) (;^_^)

でも、これがharu 販売者の方たちの“想い”なのですよ。

リンスもコンディショナーも必要なしで、 これ1本でしっかりケアできます。

f:id:watoson1988:20170212161949j:plain

かなりおススメですよ!

詳細は公式サイトを覗いてみてください。

ハル

↑ 公式サイトはこちらをクリック!!



スポンサーリンク


スポンサーリンク