読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年齢肌の肌の悩みは定期的なケアで差が付きます!

年齢肌にビタミンAの力!

40代50代の肌の悩みに

潤いを育み肌本来の美しさを取り戻しましょう!

先端皮膚科学でエイジングケアの根本に迫った商品となってます。

潤い不足の肌の原因の80%は加齢ではなく、

紫外線ダメージなんですよね。

光と戦う肌にはビタミンAを補うことが大事なんです。

ビタミンAを多く含む食品って何がある?

ビタミンAの成分レチノールを多く含む食品を紹介します。 肉類では豚、牛、鶏の肝臓に多く含まれます。それからうなぎやいか、たまごやバターなどの乳製品にも多く含まれます。

肉類でビタミンAの多い食品 鶏肝臓、豚肝臓、レバーペーストは少量での利用に 鳥や豚、牛など肉類はそれぞれ様々な部位が食用として利用されますが、 レチノールは肝臓に集中していて、それ以外の部位にはそれほど多くは含まれてはいません。 特に鶏肝臓や豚肝臓はレチノールが非常に多いため、取りすぎには注意が必要です。 鳥や豚の肝臓は一切れでも耐用上限量を超えてしまうので、摂取する場合でも量を抑えてとるようにしましょう。

レバーの加工品であるスモークレバーも非常に多くのレチノールを含んでいます。 1枚でもほぼ成人の上限量を満たす量を摂取できてしまいます。こうした加工品も取りすぎには注意が必要です。

牛肝臓とフォアグラはレバーでも量は控えめ 一方同じレバーでも牛肝臓やフォアグラはレチノールの量も豚や鶏と比較するとかなり控えめなので、 こちらは大量に摂取しなければそれほど過剰症を心配する必要はありません。

魚介類でビタミンAの多い食品

あんこう肝、ウナギ、ぎんだらは摂りすぎに注意 あんこうのきもやうなぎ、やつめうなぎ、ぎんだらは100g当たりのレチノールの含有量も非常に多く、 また食事としてまとまった量も摂りやすいのでたくさんのレチノールを摂取できます。 しかしながらその量が非常の豊富なため、むしろ過剰に取りすぎてしまうことの方が心配です。 ビタミンAの摂りすぎに至らないよう、控えめな摂取を心がけましょう。

適度にレチノールを摂取できる食品 ほたるいか、あなご、からすみ、すずきなどは適度にレチノールを摂取することができます。 レチノールの場合は摂りすぎにも注意が必要なので、こうした食品は比較的摂取しやすい食品だといえます。

お肌に元気がない

ハリのないお肌

メイクの乗りが悪い

ほうれい線や目尻のシワが気になる

そんな方にはこれらの食品を摂取しましょう!

・・・と言いたいところですが、 毎日これらの食品に縛られて生活するのは、大変です。

そんなに都合よく準備もできないこともありますからね。

そんなときは、これでビタミンAが取り込めますので、

おすすめの1品ですよ。

お試しで単品での注文も可能です^^

株式会社プロティア・ジャパン 先端皮膚科学でエイジングケア【モイスチャー1セット】 

エイジングケア / スキンケア / うるおい / ビタミンA

これらのワードにピンと来たかたは

覗いてみるといいいいですよ♪

潤い肌を取り戻しましょう!

モイスチャー1セット

↑公式サイトはこちらをクリック!!