読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊娠や妊娠中の妊娠症状は頭皮にまで及ぶ!! 経皮毒に注意!!

こんにちは、senaです。

今日は妊婦さんを始めとする、頭皮のトラブルについて書いてみます。

ws000253

思わぬ場所までにかゆみやトラブルが!妊娠中の変化は頭皮にまで及びます!

妊娠中には様々な痒みを感じます。 デリケートゾーンのかゆみ、妊娠線によるかゆみ、 顔、体のあらゆる部分が痒くなったりします。

体だけではなく、頭皮の痒みも妊娠前と比べ、 強く感じてしまう場合もあるんですよね。

この様な痒みは、ホルモンバランスの崩れや、 季節・生活の変化など、様々な原因が考えられます。

体でしたら、痒くなれば薬やボディローションを塗って対処できますが、 頭皮が痒い場合は、どのように対処したら良いのでしょうか。

なんで頭皮まで痒くなるの?

妊娠時に発生する痒みは、体だけでなく頭皮にも影響してきます。 妊娠中は「よく汗をかく・体温が高い」と聞いたことがあるかもしれませんが、 これは、体の新陳代謝が良くなるため、汗をかきやすくなるからなんです。

頭皮は、汗と共に皮脂を分泌するんですが、 毛穴はホルモンの影響を受けると皮脂線を閉じやすくなってしまい、 頭皮の毛穴トラブルに繋がりやすく、そこから激しい痒みを 感じてしまう人も少なくないんです!

妊娠中の頭皮の状態

妊娠中はホルモンバランスの影響から、 肌や頭皮がいつもより敏感で、 普段問題無く使用していたシャンプーやトリートメントでも ヒリヒリした痛みを感じてしまうこともあります!

髪のパサつき、フケの増加など、 頭皮の乾燥を感じることもあれば、

皮脂によるベタつきや頭皮ニキビなどが 増加することもあるんです!

痒い時の対処法

痒いからとガリガリ掻いてしまっていては、 症状を悪化させていくだけですので辞めてください。

こういうときは、頭皮の様子に合わせて 以下の対処法を試してみてください。

・お風呂でシャンプー・トリートメントをする際、頭皮マッサージをして優しく洗う。

・シャンプーなどの液が頭皮に残らない様、しっかり流し洗い落とす。

・使用しているシャンプーやトリートメントを低刺激な物に変える。

・シャンプーで2度洗いする。(1度目は髪・表面的な汚れ、2度目で頭皮の汚れを除去)

症状がひどい場合は、皮膚科を受診することで、薬を処方してもらえます。

産後の頭皮や髪の様子

激しい痒みを感じていた妊娠生活を終え、 次は産後の育児生活がスタートしますよね。

まだこの症状には悩まされることになりますよ?

産後もまだホルモンバランスが整っておらず、 女性ホルモンが急激に減ってしまう影響で、 産後の抜け毛や白髪などが目立つようになるんです。

ws000281

シャンプーやトリートメントがヒリヒリする場合は、 症状が回復するまでは、頭皮を労わるケアを行ってあげてください。

妊娠による痒みは、我慢せず体にあった対処法を施し、 痒みを軽減させながら生活することが大事です。

頭皮だけでなく、体・デリケートゾーンであっても、 我慢したりガリガリ掻いたりすることは、 回復を遅らせ、悪化させてしまうことにも繋がります。

セルフケアで対処できないぐらい症状が酷い場合は、 皮膚科の受診も視野に入れて、マタニティライフを送ってみましょう。

妊娠してから頭皮が痒い!フケも出る様になった!どうしたらいい?

妊娠してから頭皮が痒く、フケも出てしまうんですが、どうしたらいいのでしょうか。

妊娠中は、体にさまざまな変化が現れますが、 頭皮、髪の毛もホルモンの影響を受けます。

体中の毛が毛深くなることもありますし、 産後になるとびっくりするくらい産毛や髪の毛が抜けたり することがありますが、妊娠中というのは体の変化だけでなく、 頭皮や頭髪にも影響が出やすいです。

妊娠すると髪のトラブルが増える?!

妊娠する前は髪の毛はいつもサラサラ、 髪の毛のトラブルに悩まされたことがなかったという人でも、 妊娠してから髪の毛がキシキシになった、頭皮がベトベト、乾燥して痒い というケースはよくあることです。

妊娠月が進めば進むほど、髪の毛がベトベト、パサパサ、フケ、痒みなど、 頭皮に症状が現れることが多くなります。

これまでに感じなかった髪のトラブルで 悩まされる人がとても多いです。

髪の毛の生え変わりは、毛根のサイクルが関係してます。 毛根の組織は、成長期→移行期→脱毛→休止期という順に進んでます。 妊娠することで、エストロゲンプロゲステロンという 女性ホルモンが体内でかなり増えます。 これが髪の毛や頭皮に影響を与えている原因です。

妊娠の後期に入ると、もっとホルモンが増えて、 女性ホルモンは発毛を活発にする働きがありますが、 抜け毛を増やす働きがある男性ホルモンの働きを抑えることもあります。

妊娠中というのは髪の毛はあまり抜けず、 どちらかといえば体毛も含めて増える傾向にあるということです。

ですからサイクルで見ればヘアサイクルの中では 妊娠中というのは休止期が無く、 ずっと成長が続くということになり、 妊娠した途端、体毛が濃くなってしまうというわけです。

妊娠中の頭皮の痒みを抑える方法

妊娠中は代謝が良くなりますので、汗をかくことが増えます。

汗をかくことが増えることで頭皮も脂の分泌が活発になりますが、 プロゲステロンの女性ホルモンの働きで皮脂腺が閉じたままになります。

すると、分泌されるはずの皮脂は分泌がされませんから 肌のトラブルになって頭皮が痒くなるという訳です。

髪の毛がベトベト、頭皮がベトベト、フケや痒みが 増えたということはこれらが原因です。

ホルモンバランスの影響で、肌にニキビが出来る人がいますが、 妊娠中は皮脂の分泌が活発になるからです。

頭皮も、普段の妊娠していない状態と比べるとかなり状態は不安定です。 極端に脂の分泌が増えてベタベタしている人も居るでしょうし、 逆に乾燥して頭皮がカサカサで痒いという人も居ます。

改善する方法として、普段使っているシャンプーではなく、 妊娠しているときの頭皮に合わせて、 無添加の優しいシャンプーを選ぶようにするといいでしょう。 そうすることで、頭皮の状態も落ち着くので症状が改善されます。

ヘアケアセット

↑この無添加シャンプーはおすすめできます!!

シャンプーを変えずにかゆみ・フケ対策するには?

かゆみ・フケ対策でシャンプーを変えたいけど、 いつものお気に入りのシャンプーじゃないとダメだと思う。

シャンプーを変えると髪がパサパサ、まとまらなかったり、 髪のトラブルに悩む事もありますからね。

そんな方でも、シンスユーのオーガニックシャンプーヘアケアセットは、 完全無添加なので、自信を持っておすすめできますよ。

妊娠中の髪や頭皮はホルモンの影響を受けている!

お腹や首元が毛深くなったり、産後は髪の毛がたくさん抜けたり、 妊娠中や産後は髪や毛の悩みが多いものです。 産後も含めた髪の毛のトラブルや体毛について、産婦人科医の見解がありましたので、 記載しておきます。

妊娠前はサラサラだったのに、何だか最近髪の毛がベタつく、 妊娠月数が進むにつれて、髪のベタつき、パサつき、フケ、カユミなど、 妊娠前にはなかった髪や地肌の悩みを持つ人が少なくないです。 髪の状態だけでなく、体毛が濃くなったと感じる人も居ます。

産婦人科医によると、髪の毛の生え替わりは、毛根のヘアサイクルによるもの。 毛根の組織は、成長期・移行期(退行期)・脱毛・休止期という順番で働いています。 妊娠すると、ふたつの女性ホルモン、 エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が増えた状態になります。

妊娠後半には、さらにホルモンが増加します。 女性ホルモンには、発毛を促す作用があります。 抜け毛を増やす男性ホルモンの働きを抑えますので、 妊娠中は髪の毛は抜けにくい状態になってるんですね。

ヘアサイクルは休止期に入らず、そのまま成長を続けます。 体毛が濃くなるのは、こうしたホルモンの変化で、 毛根の働きが活発になるからなんですね。

妊娠中は新陳代謝が盛んになり、汗をかきやすく、 頭皮は汗や皮脂の分泌が増え、 プロゲステロンの作用で皮脂腺が閉じやすくなっているため、 皮脂の分泌が増えてもうまく排出されず、肌トラブルを起こしがち。

こうした要因で髪がベタついたり、フケが増えたり、痒みが 起きやすくなります。

ホルモンバランスの変化で肌にニキビが出来ることがある様に、 妊娠により頭皮の状態も不安定になることが多いです。 脂が増えてベタつく人も居れば、乾燥してパサつく場合もあります。

妊娠中に髪も頭皮もベトベト。どうすれば改善されるの?

妊娠して髪・頭皮がすごく油っぽくベトベトなんだけどどうしたらいいの?

今まではそんな事無かったのに・・・、 妊娠してしばらくして(5ヶ月前後)、 髪・頭皮がすごく油っぽくなってきてベタベタする。 そんなに汗もかいてないし、毎日洗ってるのに、 なんか洗ってないみたいで汚く感じるし嫌だなぁ・・・なんとかしたい!

妊婦さんのそんなお話を聞くことがあります。

妊娠中というのは、髪や頭皮だけでなく、 肌までもオイリーになりやすいです。

そのベタベタを少しでも解決してくれる方法はないの? そもそも、髪・頭皮がベタベタする原因は?

これらは先に述べた通りです。

女性ホルモンのバランスが変わるから。 妊娠中に限って体毛が濃くなったりしますが、 それは男性ホルモンが出てきてしまうからなんです。 そのせいでホルモンバランスが崩れて、 髪や頭皮にまで影響が出てしまい、 ベタベタになってしまうことがあります。

あまりベタベタになりすぎると、 顔にまで影響が出てくるので、 出来るだけ早いこと何とかしたいところですよね。

少しでも抑えるにはどうするのが一番いい?

急激には良くならなくても、今より良くなるために何か改善方法は無いの? これらを試してみてください。

①頭皮や髪が油っぽいからといってシャンプーをやりすぎない

頭皮が油っぽくなる原因の一つに頭皮の乾燥があります。 妊娠中のホルモンバランスと相まって、より促進されてしまうので気をつけたいところ。

実は頭皮が乾燥すると、 脳が油分を出さないと!と指令を出します。 脳が油分を補おうと過剰に分泌してしまう事があるんです。

そのおかげで油分が多く出てしまって ベタベタになってしまう事があるので、 洗いすぎには気をつけて、優しいシャンプー(オーガニックシャンプー)で 丁寧に洗うように心がけてください。

丁寧に洗うっていうのはゴシゴシこすって洗うのではなく、 指の腹で優しく揉み込むようにして洗ってあげること。 こすり終わったら泡が付いている状態で少し時間をおいてあげることです。 そうすることで余分な乾燥・頭皮のダメージを防ぎ、過剰分泌がなくなります。

ヘアケアセット

↑おすすめオーガニックシャンプーはこちらをクリック!!

②食事に気をつけよう!

脂っこい食べ物を多く食べていると、 油が出やすくなるのは想像できますよね、 これは当たり前です。

ですので、脂っこい料理は少し控えた方が もちろん余分に頭皮から出る脂も減ります。

油物を食べ過ぎて顔がテカるっていうのと同じですね。 ご自宅で料理をされる場合は、 サラダ油ではなく、オリーブオイルで料理をすると良いです。

料理をされる方からしたら、そんな事知ってるかもしれませんが、 一過性不飽和脂肪酸オレイン酸)を多く含んでいるので、 コレステロール値を下げてくれたり、 美肌をつくってくれたり、老化を防止してくれる効果がありますよ!

③保湿をしっかりする!

これは、余計ベタつくじゃんっていう方考えの人も居るかもしれませんが、 脂性肌っていうのは①でも書いた通り、頭皮が乾燥しすぎて 脳が余分に分泌を促してしまっているケースがあります。

なので100%の方が保湿をして良くなるとは言えませんが、 肌がもともと乾燥しやすい人や、 油っぽいベタつきが気になり、シャンプー2回しちゃいますって人は、 それが余計に乾燥を促し、ベタついてしまう原因になってるかもしれませんよ。

そういう人は、水分をしっかり補ってあげる事で改善に近づき、 保湿力のあるシャンプーだったり、保湿系のトリートメントだったり、 乾燥を予防してくれる洗い流さないトリートメントだったり、 色々と保湿してくれるアイテムがあります。

そういったアイテムを使って保湿してあげると脂性肌が治まります! 逆に洗い流さないトリートメントでオイルなどを使うと悪化してしまいます。 妊娠中の間だけでも違うタイプのトリートメントを付けてあげるのがオススメです!

ヘアケアセット

↑保湿力のある優良オーガニックシャンプーを見つけました!!

この症状、妊娠が終わり、出産すれば治るはずです。 ずっと続くんですか・・・?って不安に思う方もいらっしゃいます。 妊娠中からのケアが大事です。

産後の症状を早く改善するためにはどうしたらいいの?

①シャンプーするときにはすすぎをしっかり!

髪を洗う時のすすぎが下手だと先はないです。 良いシャンプーでも効果が出ないと意味がありません。 すすぎをしっかりして、より良い効果を得られる様にしましょう。 丁寧に、しっかり洗い流すことを意識してください。

②しっかりドライヤーで乾かす

地肌が濡れていると雑菌を繁殖してしまい、よりベタつく元になります。 今すぐ出来ることとして、ちゃんと乾かすようにしましょう。

③美容院でのヘッドスパ

美容院でのヘッドスパは、地肌に栄養を送りながら余分なものをそぎ落としてくれるので、 手っ取り早く解決に向かうかもしれません。 焦らずともベタつきは元に戻ってくれるので、 お金を出しても手っ取り早く解決したい方はこの方法もおすすめ!

経皮毒って知ってますか?危ないシャンプーまだ使いますか?

あなたの、シャンプーを決める基準って何ですか?

匂い? 洗浄力・洗い上がり? サラサラ・しっとり感? 価格? CM? パッケージ?

CDのジャケ買いならぬ、パッケージ買いなんてこともありますよね^^; 裏の成分表なんか見ない(´Д`;)

ノンシリコンが良いと聞けば、 ノンシリコンシャンプーでそこそこ安いやつ。 と言った感じで。

大半の人がそんな感じなのではないでしょうか。

衝撃の事実をお伝えしますが、 そんなあなたの子宮は、シャンプーのニオイがするはずです・・・。

ん?

どういうことですか? (;゚Д゚)

経皮毒って知っていますか?

簡単に言いますと、 皮膚から有害な化学物質を吸収することを言います。

体の部位ごとに吸収率は違いますが、 腕を1とした場合、

頭皮:3.5 頬:13 額:6.5 脇:3.6 背中:17 陰部:42 ←生理用品などケミカルだとヤバイです。

今回はシャンプーということで、 頭皮に焦点を当てますと、 腕の3.5倍吸収率があるということです。

また、入浴によって体が温まっているので、吸収率も高い状態です。 頬や額も頭皮以上に高いので化粧品系も気をつけたほうが良いんですよね。

シャンプーをすることによって、 シャンプーに含まれている化学物質が頭皮がから吸収され、 血液やリンパに乗って子宮に到達するんですよ? 知ってました? だから、子宮からシャンプーのニオイがするってことなんです。(´Д`;)

怖いですね。

皮膚から吸収されたものは、排出されにくいです。 皮膚から吸収された化学物質が血液やリンパに乗って吸収されますが、 消化や分解器官を通らないので、分解されずそのまま体に蓄積されると言われてます。

完全に排出はされないですが、 汗で少しは排出されるそうです。

汗以外に経皮毒の排出方法は無いとのことです。

だから、運動などで汗をかくことって 大事なんですよ?

主な蓄積場所

脳 子宮(女性) 前立腺(男性)

皮膚から吸収された化学物質の分解率は2%です。 摂ったら摂っただけ吸収されちゃいますよ。

子宮に経皮毒が蓄積すると、

子宮筋腫子宮内膜症などの原因 妊娠による胎児への影響 アレルギーや免疫力の低下

などが懸念されてます。

妊娠・出産することを思えば、 少しでも不安材料は取り除きたいですよね。

脳の経皮毒は、 パーキンソン病アルツハイマーなどの原因とも言われています。 こういう話を聞くと、頭皮に付けるシャンプーも 気を付けなくちゃ!という気になりませんか?!

シャンプーの気をつけたい成分

食品に限らず、シャンプーを買うときにも必ず成分表を見てください。 成分表は多く入っているものから記載されています。

ラウリル硫酸系

ラウレス硫酸系

この二つは洗浄力が高く、安いのでよく市販のシャンプーで使われてます。 ですが、これらが入っていたらNGです。

illust1_05_w600

ドラッグストアで買えるシャンプーは、 残念ながらほとんど入っているというのが実態です・・・(´;ω;`)

背中の経皮毒も17倍なので馬鹿にできませんよ? シャンプーすると背中は泡だらけになったりしますし・・・。

じゃあ、おすすめのシャンプーは?!

私自身、シャンプーを変えましたよw

ここまで色々書いておいて、 市販の添加物シャンプー使ってたら、

ヾ(・∀・;) オイオイ ですよねw

このシャンプーオールインワンです^^

天然由来成分100% 無添加 ノンシリコン アミノ酸系 リンスなしでOk 抜け毛・白髪・頭皮ケア

妊娠・出産すると、抜け毛や白髪など髪のトラブルも増えるので、 いつも使っているシャンプーを変えるだけなのは簡単ですよね!

匂いに敏感な妊娠中でも全然大丈夫です。

使い始めて2週間くらい経ちますが、 泡立ちも良く、抜け毛も減ってきたので気に入って使っています♪

ヘアケアセット

↑ 公式サイトはこちらをクリック!!

サラサラやつやつやなのが良いと思っていたシャンプー。 サラサラやつやつやになるものの成分の正体は、 安いものはほとんど合成化学物質なんですよね。

毎日使い頭皮に付けるシャンプーが、 体に悪い化学物質を含んでいるなんて言うのは、 聞き捨てならないですよね。

自分の体だけではなく、 これから妊娠出産される方は特に注意が必要ですよ! 早急にシャンプーの成分表を確認してみてください。

まず覚えてほしいのが、

ラウリル硫酸系・ラウレル硫酸系は

NG

ということです。

知らないって怖いですよね^_^;

生理用品を使い捨てから布ナプキン

経皮毒の影響は頭皮も多いですが、性器はより多いので、断然注意が必要です。 シャンプーより、ケミカルナプキンのほうが経皮毒が気になるところです。 子宮への近さで言ったら、頭皮の比にならないぐらいの近さです。 私の彼女は布ナプキン愛用者です。すでに6年以上使っています。 面倒なことが嫌いな彼女ですが、6年も続いてるのはびっくり。

布ナプキンのメリット・デメリット

デメリット

洗うのが面倒 最初だけコストがかかる

メリット

生理痛が軽くなった 蒸れが気にならなくなった ナプキンを買う回数が減った(経済的)

洗濯は、つけ置きして軽くすすいで洗濯機へポイって感じです。 コスト面は最初だけなので、ランニングコストは無し! 6年前のものでも全然使えてるので経済的ですよ。 ( ´∀` )

外出時はもちろんケミカルナプキンでも、 最初は気になる方は、、家限定でも全然OKだと思います。 面倒じゃないのが一番ですね。

妊活中の方は、布ナプキンが一番おススメです。 ケミカルナプキンは経皮毒の他に、冷えるが良くないです。 高分子吸収体という水分を含むと、冷えピタのような状態になります。 一番冷やしちゃいけない場所ですので、家の中だけでも布ナプキンにしましょう。

経皮毒は嘘?

調べてみると経皮毒という言葉は造語だという資料がありました。 嘘とも言えないけれど、毒というと大げさな感じです。 毒って書くとギョッとしますが、 成分的に検査は通っているので、全てが悪いわけでは無いです。

健康な肌には問題ないけど、肌の状態が悪いとか敏感肌の方は 気をつけたほうが良いです。

石油由来のものは肌に負担が大きいです。 できれば肌に優しいものを使いたいですね。

経皮毒を避ける。妊婦とママのヘアカラー・シャンプー・洗剤の選び方

赤ちゃんのためにも避けたい経皮毒

ヘアカラー、パーマ液、シャンプー、洗剤、入浴剤などから 皮膚を通じて入り込み、悪影響を及ぼすとされる経皮毒

それ本当?という疑問や、遠ざけてみた結果など、 具体的な避け方をご紹介していきますね。 絶対拒否!というより、できるだけ遠ざけようというスタンスです。

私自身、自然主義!というわけではなく、 経皮毒についても絶対だめ!とまでは考えてません。

お医者様は経皮毒を否定する方も多く、 確かに根拠が曖昧だなと感じる部分もありますし、 かといって現代の科学を盲信しているわけでもないです。

明らかに体に悪いもの(素手で触れないヘアカラー液や、手荒れする洗剤など)や、 赤ちゃんに触れるものは気をつけたいよね、という感覚です。

妊娠してから経皮毒を遠ざけてみた結果、 はっきりと体に違いが出てきますよ。

肌荒れ、乾燥が改善しますし、嗅覚が敏感になります。 本能レベルでものを感じられるようになったというか・・・、

うまく言えないんですが、自然体で気持ち良い、 ヨガのあとのような爽快感をふとしたときに感じる様になりました。

友人の娘は合成洗剤や紙おむつを使用していた時は、 ひどくかぶれるとまでは行かないものの、 辞めると気持ちが良さそうなんですよ。

強い洗剤をつかったお洋服を着せると、 首まわりをかいていたこともありましたしね。

というわけで、やっぱり経皮毒は避けた方が無難だと感じてます。 慎重派の方には物足りないかもしれませんが、 ご参考までにご紹介できればと思います。

ヘアカラーはしないのがベスト。するならオーガニックカラー。

・妊娠初期、臨月を避ける(胎児への影響が強い) ・できるだけ黒髪に近い色にして、頻度自体を減らせるようにする ・ノンシリコン、ノンジアミンのオーガニックカラーのある店舗で行う ・頭皮保護オイルをスプレーしてからカラーリングしてもらう

経皮毒は頭皮から一番入りやすい、と言われます。 特にヘアカラーやパーマは素手で触れない刺激の強い薬物なので、 いくらオーガニックにしようが頭皮保護オイルを塗ろうが、 やっぱり心配要素ですよね。

医者には、座ってて辛くなければ染めてもいいよと言われたので、 医学的な根拠があるわけではありません。

ただ妊婦は、

長時間同じ姿勢だとつらい 匂いで気分が悪くなりやすい ホルモンの影響で、カラーやパーマが決まりにくい

これらは事実で、経皮毒を気にされない方でも 控える方が無難です。

ベストは染めないことですが、 友人も妊娠時に茶髪(というほど明るくもありませんが)だったため、 あまりに無惨なプリン状態が辛くて染めてしまったとのことです。

ノンシリコン、ノンジアミンのオーガニックカラーで、 根本から少し離して染めてもらったとのことでした。

ノンシリコンはともかく、ノンジアミンとなると色がかなり限られるんですよ。 染め具合の指定はちょっと難しいです。

ジアミンアレルギーの方が増えているそうで、 取り扱っている店舗も増えましたが、 そもそも取り扱いが少ないです。

気をつかっても、授乳中に一度染めたところ (黒髪にしたはずが色が抜けてまたプリンになってしまったので) 翌日、友人の娘の肌にブツブツができたそうです・・・。

たまたまかもしれませんが、肌荒れとは無縁の娘なので、 私から受け取ってしまった毒素を毒出ししているように思えました。

もう染めない!と誓った瞬間だそうです。

シャンプーは迷わずオーガニックシャンプーを!

・オーガニックシャンプーの中でも選りすぐったものを使用 ・トリートメントはどうしても絡まったときだけ、毛先にのみつける

シャンプーもカラー剤と同じく、頭皮からの経皮毒なので吸収されやすいです。 しかも毎日のことですし、妊婦さんはともかく ママはすすぎの時間もろくになかったりするので、影響が強いんですよね。

なので、ありとあらゆるサロンで聞きまくり、 シンスユー オーガニックシャンプーにたどり着きました。

娘にもこれを使っています。市販のベビー用は、 無添加と謳ってても化学物質がたくさん入ってるんですよ・・・。

自然由来のシャンプーです。顔も体も洗えますし、赤ちゃんからペットまで使えて安心です。 また、最初は泡立ちの悪さに違和感を覚えるかもしれませんが、 使い続けて頭皮の有害物質が抜けると、気持ちよく泡立つようになりますよ! 赤ちゃんだと最初から綺麗に泡立ちます。

市販のシャンプーに慣れていると、戸惑うかもしれませんが、 傷みまくりのロングヘアが健康的に生き返りますので、おすすめです!

ヘアケアセット

↑ シンスユー オーガニックシャンプーはこちら。

シリコン、パラベン、着色料不使用かつ、オーガニックエッセンシャルオイル配合で、 とっても香りのいいシャンプーで、保湿力は抜群です!

オーガニックシャンプーで髪が軋む方、 香りにこだわりのある方におすすめです。 安全性とコスパにおいてこれがベストだと思います。

ただ、オーガニックシャンプーはすべて、独特の軋みがあります。 すでにかなり傷んだ髪の方だと、使い始めは髪が絡まったりするかもしれません。 慣れると馴染むんですが、毎日のことなので、 出来るかぎりストレスにならないシャンプーをお選びいただければと思います。

補足として、洗濯洗剤では、 界面活性剤など不使用のミヨシがおすすめです!

ベビー専用洗剤なども最近は多いですが、 これはもうはっきり申し上げて、 昔からあるミヨシ一択で良いぐらいです。

界面活性剤や蛍光剤どころか、 ミヨシは石けん成分だけです。

しかも驚くほど安いです。 この価格、他のオーガニック系ではありえません。笑

無添加 ベビーの肌着洗いせっけん / ミヨシ無添加ベビー / 衛生・ヘルスケア

ミヨシ無添加ベビー洗剤 価格:533円(税込)2016年10月6日現在価格。

お子様のアトピーに悩むお母さんたちの間では有名な商品で、 教育熱心なママとお話するとみなさんこちらを使われてます。 これに慣れると、普通の洗剤のにおいが刺激的すぎて使えなくなります。 かぶれ、かゆみ、赤みで悩む方はぜひ試してみてください。

ちなみに、赤ちゃんの肌着と大人の服を分けて洗うのかどうかという話ですが、 ジーンズやトイレマットなどを洗うとき以外は分けてません。

最初は娘のだけ分けて上記のベビー洗剤を使っていたのですが、 1歳になった頃から、普通のミヨシ洗剤に変えて一緒に洗ってます。 汚れが気になるときは重曹も入れてます。

ハンドソープも、ミヨシが便利で安心で安いです。

普通の石鹸でも良いのですが、 泡タイプだと子どもの手が洗いやすくて便利です。 お友達のおうちにおじゃますると、大抵これがあります。笑

無添加ミヨシ泡のハンドソープ 価格:342円(税込) 2016年10月6日現在価格。

食器用洗剤は手荒れと環境に配慮した商品です。

気分に応じて、ヤシの実とレモンライムを使い分けています。 レモンライムの香りはとっても良いので、 イライラしそうなときにおすすめ。

どちらも手荒れしにくく、環境にもやさしい、 でもしっかり汚れが落ちる洗剤です。

良かれと思っていれていた入浴剤も、 経皮毒の要因なのだそうです。

特に泡立つものや香りのきついものは避けてください。 シャンプーや洗剤は気をつけていても、 入浴剤はうっかり、ということが多いです。

とはいえ、寒いときや汗をかきたいときもあります。 そんなときは、天然塩、天然素材の入浴剤を使うと良いですよ。

私も妊婦時代は体をあたためるために重宝しました。 普通の塩だと刺激が強すぎるので、ご注意ください。

赤ちゃんとのお風呂では天然塩でも辞めておいた方が無難です。 刺激もそうですが、飲んじゃうかもしれないので。

経皮毒をどこまで気にするかは、正直母親次第です。

ただ、私は遠ざけた結果、体調や肌質が良くなりました。

これ肌に悪いのかなぁと思いつつ使ってると、 ストレスで余計に悪影響が出そうなので、 悩むくらいなら一度経皮毒をカットしてみることをおすすめしますよ。

出来るだけヘアカラーを辞める、 ドラッグストアで市販されているシャンプーや入浴剤を辞める、 洗剤は肌に優しいものにする

始めやすいところから、無理のない範囲でやってみてください。

経皮毒とは? 改めて掘り下げます。

非常に多くの方が、体の中に何の意識もなく 毎日化学物質を取り込んでいます。

経皮吸収は、皮膚から化学物質が浸透し、 吸収されることですが、この経路は一般的に知られていません。

経口吸収(消化管吸収)や吸入に比べ、 社会的認知度の低い吸収経路です。

経皮吸収された化学物質は、 人の身体から排泄されにくいことが知られています。

浸入した脂溶性の高い化学物質は、 皮下脂肪に留まり、少しずつ血液やリンパ液に移動し、 体の中の各臓器に分布していきます。

日用品を使い始めて10年、20年経って、 何か健康を害するようなことが起きていませんか?

もしかしたら・・・それは、 毎日使っているシャンプー・リンス・歯磨き粉などの 日用品に含まれる化学物質が、原因かもしれません!

本来、私たちは自然治癒力を持っています。

台所で包丁裁きのミスで手を切っても、 傷口は自然に塞がり治りますよね。

これが自然治癒力です。

体の中で何か異常が起きても、 自分で治していく力が宿っているんですよね。

しかし、毎日何種類もの化学物質を 体の中に取り込むため、 その治癒力もいつしか追いついて行けず 小さな異常が、いずれ大きな病気に繋がるかもしれません。

少しでも有害な物を体の中に入れない様、 経皮毒を知っていただきたいと思い、 この記事を書いています。

そして地球環境や未来の子ども達のために、 私たちが取り組むことを共に考えてみましょう。

界面活性剤の作用

シャンプーは合成界面活性剤の 20~40%の水溶液で出来ています。

洗髪回数の多い人は、加齢に伴い薄毛になりやすいの!?

市販のシャンプーはほとんど全てが、 石油系合成活性剤を多く含んでいます。

脂肪分解も非常に強いので、 髪の脱毛や、ハリ・コシが無くなっていきます。

アトピーの悪化、アトピーの発生、脂漏性皮膚炎 皮膚炎、などの大きな原因になります。 環境ホルモンにも大きく影響します。

リンスには、合成ポリマーや合成界面活性剤が 乱用されているのを知ってますか?

これらは頭皮や髪に付着し覆って、 頭髪・頭皮の状態を悪化させます。

シャンプーよりも活性剤が多く含まれています。 性質上あまり流すと髪に効果が無くなりますので、 あまり濯ぎません。

頭皮についたリンスは合成活性剤を大量に含み頭皮に残留します。 毛穴より体内へと侵入します。

シャンプーより怖いのがリンスなんです。 男性の脱毛の原因もリンスが大きく影響しているんですよ。 リンスは昔のものと考え、使わないのが賢明だと思います。

市販のトリートメントは、 ほとんどリンスに毛が生えたような効果しかございません。 リンスのことはもう忘れて、美容室でトリートメントを買いましょう。

トリートメントは基本的には頭皮に付けず髪に付けるものです。 濯ぎもたっぷり出来るので、正しい使い方をしていれば 頭皮には問題は無いと思います。

頭皮にも付けるスキャルプタイプの トリートメントもあります。

頭皮にしっかり付けてマッサージをして、 頭皮からしっかり濯いでもらえれば問題はありません。

ボディーソープも、お約束通り市販のものは辞めてください。 限りなく石油系の活性剤が多いです。 石鹸系のほうが安全ですが、 アルカリである石鹸を弱酸性にしています。 やはり弱酸性だと刺激がない様に思わせるためだと思います。

アルカリを酸性にするペーハー調整剤は、 どの程度の毒性があるかは測りきれません。 やはりシャンプーと同じ様に、 石油系の活性剤を含まないものがありますので、 必ず探し出してお使いください。

石油系のソープで洗うと、皮膚の老化 アトピーの促進、皮膚の乾燥しわのシミの原因、 女性性器から環境ホルモンが侵入、 性器が染みて痛い、]不妊症の原因 奇形児の発成率が高くなる

これだけ影響が危惧されています。

実際美容師は不妊症の女性が非常に多いです。 爪の間や皮膚から洗剤やパーマ液など、 常に径皮吸収されるからです。

私も恥ずかしながらスポーツジムのソープを使い、 女性器から洗剤が入り、 しばらく痛くて泣きそうになった経験があります。 やはりマイソープを持っていくべきでした。 本当に痛かったです。

歯磨き粉は、 発泡剤として界面活性剤が使用されています。 お口の中は粘膜なので、吸収されやすいために、 血液に入りやすく危険がいっぱいです。

日本の市販歯磨き粉の活性剤は ラウレス硫酸ナトリウムを使っています。 当然猛毒ですよ。

日本のメーカーですが、 製造元はほとんど中国製です。安心できません!

舌の味覚神経も一時的に麻痺させる力があるぐらいです。 善玉菌も悪玉菌もすべて殺してしまいます。

ラウレス3-ラウレス酢酸塩ナトリウムを 使えば健康に問題のない製品ができるのですが、 残念なことに日本の市販されている歯磨きをにはありません。

しかし日本製で市販されていませんが、 安全なラウレス3-酢酸塩を使ってる 歯磨き粉もありますのでこういうものは安心です。

化粧品や化粧水ですが、 香料や油や薬品を溶かしこむ作用があり、 全ての成分が経皮吸収されてしまいます。

アルコールが入っているものが多いので 気を付けてください。

乳液は、石油系と水を混ぜた乳化剤です。 どんな良い成分が入っていても意味のない製品です。

リンスと同様に無くてもいい製品ですが、 化粧水と乳液は2つで1つみたいな風潮がある様です。

化粧水とそのあとは美容液を使いましょう。 乳液は買わないようにしましょう。 無駄な買い物になります。

洗顔クリーム【フォーム】は、 乳化作用乳液と同じです。 油と活性剤と水を混ぜて作ります。 クリーム状はさらに経皮吸収を増強しますので危険です。

コスメ類は、粉末などを均一に分散させる 作用着色料も配合されています。

タール色素は発がん物質です! 香料、色もの口紅など 口紅は一概に天然素材が良いとは言えません。

天然成分にはアレルギーを引き起こす 成分もたくさんあるからです。 漆などがそうですね。

入浴剤は、油剤などを乳化・可溶化してます。 湯船につかる為、経皮吸収の範囲が広く、 皮膚温度も高くなるので、経皮吸収を促進します。 温度で成分反応が活発になることもたくさんあります。 お風呂のシャワーなどそうです。

塩素、トリハロメメタン、MXなどの毒性が 何倍にも強くなり径皮毒をかなりの濃度で経皮吸収します。

全身毒だらけ

体に使用しているものすべての製品に、 科学物質、石油系合成活性剤が含まれています。

今の現代人は食の安全も無く、毒まみれです。 体に使う製品にもたくさんの毒性を含んでいます。

WS000180

どうにか一人一人が正しい知識と認識を持って、 この問題を解決していかないと、 未来の子供たち、地球環境を本当に考えなければいけないと思います。

経皮毒とシャンプー

経皮毒についての文献を読むと、 必ずといっていいほどシャンプーについて書かれています。

それは、なぜかなのか?

シャンプーは他の日常品に比べ、 多くの経皮毒性の有害化学物質を 多く含んでいることがはっきりと解っているからです。

頭の汚れを落すために、 ラウリル硫酸ナトリユウム、 ラウリルエーテル硫酸塩などが 当たり前に使われています。 これらは全て、合成界面活性剤です。

これらの成分によって、頭皮の皮膚が破壊され、 有害化学成分が頭皮より吸収されます。

シャンプーはほとんど毎日するため、 持続性のある経皮毒経皮毒吸収が行われてしまいます。

皮膚科の一部の先生が、 短時間しか頭皮に付いていないのでほとんど影響がない! という医者も居ますが、これは大きな間違いです。

短時間であろうと長時間であろうと、 頭皮や肌に付着した時点で吸収が始まります。

毎日のことなので蓄積効果で、 どんどん有害物質を溜め込んで、 いずれ病気という形で現れてしまいます。

もちろん科学物質をまったく使っていない シャンプーは問題ありません。

しかし市販品にはほぼ100%で、 化学物質の入っていないものは無いと言って 過言ではないと思います。

合成界面活性剤毒性化学物質を 混ぜ合わせたのものがシャンプーです。

シャンプーによる経皮毒の影響は、 若い女性や子供たちなどに大きな影響を与えます。

子宮筋腫子宮内膜症などの影響もあります。

最近特に増えているのは、 シャンプーやリンス、ボディーソープなどの影響が、 大きく関わっていることが、専門家の間では当たり前になってます。

重複した記事になっているところもありますが、 とても大切なことなので、復習も兼ねて読んでくださいね。

シャンプーなどの経皮毒から 体を守る手段はちゃんとあります。

頭皮は経皮毒の影響を受けやすい!?

最近シャンプーは、オーガニックシャンプーや無添加シャンプーの様な、 自然志向なものが増えています。

ナチュラルなもの=体に良いと考えて、 シンプルな生活をする人が増えている中で、 流行るのも頷けますね。

そんな中、よく耳にすることが増えたのが 経皮毒という言葉。

体に悪そうな化学物質が入ったヘアケア剤は使いたくない、 頭皮や髪に悪いからカラーやパーマはしたくない、 妊婦さんの羊水からシャンプーの香りがしたと聞いて怖い、

これらは、経皮毒を心配する方から聞いたお話の一部ですが、 経皮毒は避けたほうがいいというのは、

誰でも分かると思いますが、 そもそもどうしてそんなに危ないと言われるかご存知でしょうか?

今回は、なんとなく危険そうな経皮毒についての知識と 経皮毒が心配でも安心できるシャンプー選びについてお話します。

実は経皮毒については、様々な意見があるんですよね。 いずれにしても、頭皮や髪に優しいものを使うのは大切なことです。

経皮毒って何!? 頭皮は経皮毒の影響を受けやすい理由

経皮毒を簡単に説明するなら、経皮吸収される有害な物質(化学物質など)を指す言葉です。 経皮吸収とは、頭皮や手のひら、首や顔など、つまり皮膚から物質を吸収することを言います。

普段、何気なく使っているシャンプーやリンス、ボディソープ、 また食器洗剤なども、有害な物質が含まれていると、 皮膚が吸収してしまい体の中に入り込んでしまうことがあります。

中でも、頭皮は経皮毒の影響を受けやすい箇所とされているので、 シャンプーやリンス選びには気をつけたほうが良いと言われるのです。

でも、どうして頭皮は経皮毒の影響を受けやすいのか・・・ 不思議ですよね?

有害な物質を体に吸収することを考えると、 皮膚からより口や呼吸から取り込むほうが、 影響が大きい様に感じます。

実は、経皮吸収が危ないと言われているのは、 体が行なっている、有害物質の排出量がポイントになっています。

私たちは、口から有害物質を体に取り込んでも、 その約90%は、外に排出されるように体の仕組みができています。

それに対して、皮膚から経皮吸収で有害物質を取り込んだとき、 その約10%程しか排出されないと言われています。

つまり、有害物質のほとんどが体に残ってしまうと考えられています。

もちろん、普段の生活の中で取り込む程度の経皮吸収は、 有害物質と言っても、すぐに体に影響が出るわけではありません。 ただし、少しずつ体に蓄積していくのは間違いありません。

頭皮が経皮毒の影響を受けやすい理由は経皮吸収率の違い!

頭皮は、経皮毒の影響を受けやすいって言われるのはなぜでしょうか。 頭皮が経皮毒の影響を受けやすいと言われる理由は、経皮吸収率の違いです。

皮膚は、厚いところがあったり薄いところがあったり、 体の部分によって違います。

皮膚が厚いと経皮吸収は少なくなって、 皮膚が薄いと経皮吸収は多くなります。

つまり、頭皮は皮膚が薄いので、 経皮吸収率が高くなってしまうのです。

腕の皮膚の経皮吸収率が1とすると、 頭皮は3.5倍も多く経皮吸収をすると言われています。

さらに首や額に至っては、6倍以上の経皮吸収をすると言われています。 このことから、有害な科学物質が含まれたシャンプーやカラー剤、 パーマ液などは、経皮毒を考えると、とても危ないと言われています。

ただし、経皮毒がいろいろな病気に関連していると言われる一方で、 実際に関連があるかどうかまではハッキリ分かっていない、というのも実情です。

こういう話を聞いて過度に怖がってしまうと、 化学物質は全てダメ!となってしまいます。

ですから、ほどほどに気をつけて 生活するのが良いかもしれません。

しかし、経皮毒の影響に限らず、 頭皮のことを考えれば、 シャンプー剤はできるだけ頭皮に負担をかけないものが 良いに決まってます。

刺激が少なくて、栄養成分が高配合されたものを選んで 使っていたほうが、頭皮や髪にも優しいのは間違いありません。

頭皮の経皮毒が気になる人におすすめのシャンプーはこれ!

そこで経皮毒が心配な人におすすめなのは、 天然成分100%で出来たシャンプー剤です。

化学物質を使用していない、 オーガニックシャンプーを選ぶといいですね。

頭皮の負担と刺激が少ない、体に優しいシャンプーです。 私のおすすめは、シンスユー オーガニックシャンプーという 天然成分100%のオーガニックシャンプーです。

ヘアケアセット

↑公式サイトはこちらをクリック!!

成分表を見ていただくと分かりますが、 完全無添加こだわって作られています。 有害な物質が入っていないので、 経皮毒の影響を考えても、安心して使うことができますよ。

ただ、シンスユー オーガニックシャンプーは、 ノンシリコンのオーガニックシャンプーなので、

洗い心地はどうなの? 使い辛くはない?

と心配されるかもしれませんが、 ノンシリコンにありがちな髪が軋んで仕方ないということもありません。

経皮毒が心配だから、安心できるシャンプーを使いたいという方には、 かなりおすすめなので、シャンプー選びの参考にしてくださいね。

ヘアケアセット

↑公式サイトはこちらをクリック!!

『頭皮は経皮毒の影響を受けやすい!?安心できるシャンプーおすすめは?』まとめ

いかがでしたか?気になる「経皮毒」について、ひとつでも参考になれば嬉しいです♪

収。「頭皮から有害な化学物質が吸収される。」今回はこの経皮毒にまつわる噂を検証。噂によると、シャンプーやリンス、その他ヘアケア製品に含まれる合成化学物質は、頭皮をとおして体内に吸収されているらしいが、これは果たしてほんとうなのだろうか?

体に有害な化学物質を頭皮がほんとうに吸収しているとしたら、これはやっぱり薄毛につながるのでは?経皮吸収が一躍有名になったのは、経皮毒ということばが提言されてから。経皮吸収により、シャンプーなどに含まれる化学物質が体内に吸収され、体に害を及ぼす、これが経皮吸収毒のメカニズム。 一時に比べると経皮毒ということばはあまり耳にしなくなったが、それでも経皮毒を唱える人たちは現在でも決して少なくない。これに対して、経皮毒似非科学で、科学的な根拠は一切存在しないって話もある。頭皮から有害な化学物質が吸収される?ほんとうだとすると非常に怖いこの話、今回は頭皮と浸透の関係に迫ってみました!

頭皮が危ない!経皮吸収とは?経皮吸収のメカニズム!

経皮吸収とは簡単にいうと、皮膚の表面につけた物質が皮膚の表層を通り越して、その下の真皮や皮下組織にまで到達すること。分かりやすい例でいうと、痛みを和らげるためのシップ剤。経皮吸収型鎮痛消炎添付剤と呼ばれるタイプがこれに相当する。 皮膚に添付することで、配合されている有効成分が吸収され、痛みを和らげるという仕組み。なんだ、経皮吸収ってこのこと?じゃあ、別に問題ないんじゃ、と思うよね。そう、治療目的で患部に有効成分が浸透してくれるのは、まったく問題ない、っていうか、治療目的で配合されてる成分は、そもそも患部に浸透していかないと意味がない。

経皮吸収に関しては、そのマイナス面ばかりが指摘されてるような気がするが、鎮痛剤に代表されるように、このメカニズムは怪我や病気の治療に欠かせないのだ。経皮吸収パッチやテープもこの経皮吸収メカニズムを利用したもの。

経皮吸収毒とは?

経皮吸収型鎮痛炎症剤なんかは、体や健康に有用にはたらいてくれるけど、では反対に体に害のある物質が皮膚から浸透していくとしたら?体にいい成分が皮膚から浸透していくとしたら、体に害を及ぼす成分もまた体内に浸透していくのでは?大雑把にいうと、これが経皮吸収毒の考え方の基本。だから体に良くないと思われる化学物質を含む製品はなるべく避けよう!というのが、経皮吸収毒を唱える人たちの主張になる。 体に芳しくない化学物質が皮膚から体内に浸透していき、体内に溜まってしまう。これは確かに問題だが、薬剤以外の化学物質もほんとうにそのまま浸透してしまうのだろうか?

皮膚のバリア機能について知っておこう

頭皮をまもるバリア機能

バリア機能。経皮吸収について考えるときに重要なのが、一体どんな物質が皮膚から浸透するかということ。当たり前だけど、皮膚に付着した物質のすべてが吸収されるわけじゃない。たとえば皮膚表面に付いた水滴。水滴はそのままにしておくと蒸発することはあっても、皮膚に浸透してわけじゃない。その理由は皮膚のバリア機能にある。

皮膚のバリア機能は2方向にはたらく。一つはウイルスや細菌など、体にとって害を及ぼす可能性のある外部の刺激を体内に侵入させないこと。もう一つは体内の水分などが体の外に逃げ出すのを防ぐこと。

バリア機能は主に三つのはたらきから成る。第一は皮膚の表面の皮脂膜。皮脂腺から分泌された皮脂で覆われた薄い膜が、異物の侵入を食い留める。二番目は角層の内部にある保湿成分因子によって保たれる水分。三番目は細胞と細胞の間をぴったりと埋める細胞間脂質。この皮膚のバリア機能により、外部からの異物や細菌はシャットアウトされる!

でもさっきから書いてるように、経皮吸収で浸透していく物質もある。では皮膚のバリア機能を通り抜けて、体内に浸透していくのはどんな成分?

皮膚を透過していく物質の特徴とは?

透過。バリア機能により、基本的には外部からの異物や刺激は、皮膚から浸透しないことになってる。なっているがしかし、ある一定の条件を満たすものに関しては、例外的に皮膚というフィルターを通過して浸透していく。

まず第一の条件が分子量。分子の量が500以下というのが、皮膚のフィルターを透過できる目安。これ以上分子量が多いものは基本的には浸透していかない。基本的にといったのは、皮膚のバリア機能が低下している場合や、アレルギーなどにより、皮膚が過敏になっている場合、このような場合には、ちょっとした刺激も皮膚の内部に伝わることがある。

もう一つは水溶性と脂溶性の二つの性質を兼ね備えているもの。なぜかというと、皮膚の表面は皮脂に溶けやすいものが吸収されやすいが、その下の層になると今度は反対に水溶性のものが吸収されやすくなるから。ということでこのような性質を持つものが、皮膚や頭皮に吸収されていくことになる。

経皮吸収毒といえばシャンプーや洗剤に含まれる界面活性剤が有名

界面活性剤。経皮吸収毒といえば界面活性剤をいちばんに思い浮かべるのでは?シャンプーや洗剤に含まれている界面活性剤については、体に良くないということが散々いわれてきたが、果たしてこれはほんとうだろうか?界面活性剤を大量に使用すると、体になにかしらの害が及ぶというのは確か。ただ問題はどの程度の量を使用したら害があるかということ。

洗剤やシャンプーに配合されている程度の量はまったく問題ない、という人もいる一方で、化学物質の添加された製品は一切使いたくない、という人もいる。実際の話、洗剤やシャンプーに配合されている程度の量であれば、ほとんど害はないらしい。

ただ頻繁に、しかも継続してし使い続けるとなると、話は別かもしれない。経皮吸収ということは別にしても、洗浄力の強い日用品を使っていると、肌荒れを起こすのは必須。肌荒れは皮膚のバリア機能に低下につながる。皮膚のバリア機能が低下すると、細菌やウイルス、そして紫外線などの刺激に対して体が過敏に反応するようになり、結果的に皮膚の状態は悪化していく。

日用品にしろ、ヘアケア製品にしろ、重要なのは皮膚のバリア機能を損ねずに、しかし目的は確実に果たすという機能性。これは頭皮ケアについても同様、育毛製品を選ぶ際にはできるだけ頭皮への負担の少なく、且つ機能性を備えたものを選ぶようにしよう!

頭皮の経皮吸収と経皮毒まとめ

まとめ

頭皮や皮膚から有害な化学物質が浸透していくという、経皮吸収。ほんとうだとしたら非常に怖い話で、経皮吸収の害が盛んに取りざたされた時期には、無添加のものにこだわった、という人も多いんじゃないかな。昨今のオーガニックブームともあいまって、合成化学物質や添加物入りのものはなるべく使用しないようにしている人も多いはず。

化学物質の体内への浸透に関しては、いまだに完全な研究がされているわけじゃない。だからどの程度の量を摂取すると、どの程度の害があるかに関しては、いまだはっきりとは解明されてないというのが実情。皮膚にはバリア機能が備わっていて、外部からの刺激や攻撃から体を保護してくれてるから、やたらと神経質になる必要はない。

でも洗浄力や殺菌力の強い製品を継続して使っていると、頭皮に負担がかかりすぎて、逆に頭皮環境を悪化させる恐れがある!皮膚のバリア機能を守りたかったら、頭皮や髪の毛に優しい成分の配合されたものにしよう!

危険な成分の経皮毒が!?市販シャンプー選びで注意すべき点 2016年2月18日

近年は自然派志向の化粧品や洗剤が増えてきており、ヒトや環境にやさしい製品が多いのは良いことだなと感じています。

シャンプーなどの化粧品に含まれる化学物質は体に良くない影響を及ぼすと言われます。皮膚からその毒が吸収されることを「経皮毒」というのだそうですが、皆さんはご存知でしたか?

今回は謎の多い経皮毒というキーワードを紐解きながら、シャンプーの正しい選び方について考えてみたいと思います。 経皮毒という言葉を聞いたことがありますか?その意味とは

経皮毒(けいひどく)」というのは、数年前に日本の薬学博士などが使用し始めた造語で、「シャンプーなどに配合されている有害な化学物質が皮膚から吸収されること」を意味します。

博士らは「合成のシャンプー、洗濯洗剤などの日用品を毎日使い続けていると皮膚から有害な化学物質が吸収されて内臓に蓄積し、体に深刻な健康被害を及ぼし危険である」と警鐘を鳴らしています。

経皮毒の危険性については次のように語られています。

一度皮膚から吸収された化学物質は体外に排出されにくい
女性の場合、特に子宮に化学物質が蓄積しやすい
皮膚トラブルのほか、がん・脳・子宮の病気のリスクを高めてしまう
体の部位によって経皮毒の吸収量が異なり、性器は腕の42倍も吸収率が高い

有害な化学物質というのは合成界面活性剤やポリマーなど石油製品のことで、私達が毎日のように使う日用品にも幅広く含まれているから心配だということなのです。

合成界面活性剤

    シャンプー
    ボディシャンプー
    歯磨き粉
    化粧品
    洗剤

ポリマー

    生理用ナプキン
    紙おむつ

このような話を初めて聞くと、「今まで知らずにシャンプーを使ってきたけど、そんな危険な物だったのか!」とショックを受けてしまいますよね。

2005年に経皮毒の危険性に関する書籍が出版されると、「合成シャンプーや生理ナプキンを使うのは体に良くない」ということで、個人のブログやオンラインショップなどを通して経皮毒に関する情報が拡散されるようになりました。 実は賛否両論の経皮毒…いまだ科学的な実証なし?

経皮毒という言葉が知られるようになってから、自然派の化粧品やポリマーを使わない布ナプキンを販売するメーカーも増えてきました。

しかし経皮毒という言葉が世の中に出て10年以上経った今も、経皮毒の危険性については本格的に科学的な検証が行なわれていません。「経皮毒という発想には矛盾がある」ということで次のような指摘も出てきています。 皮膚から吸収されたものは内臓に蓄積されない

経皮毒の考え方では「皮膚から吸収された有害な化学物質が内臓に蓄積される」とあります。

しかし「化粧品や洗剤に含まれる成分が、皮膚から吸収されて内臓まで到達するようなことはあり得ない」という考えが一般的のようです。

皮膚はバリア機能があるので、どんな成分でも皮膚を通過するわけではありません。シャンプーなどに含まれる化学物質は分子が大きいので皮膚から吸収される可能性は少ないと指摘されています。

一方、軟膏などの医薬品は炎症を治すため成分が皮膚に吸収されるように作られています。ただし皮膚から成分が吸収されたとしても成分は皮膚の周辺にとどまる程度なので、内臓に影響することはないのです。

また薬事法によって、医薬品・医薬部外品以外の製品は体内から必ず排出される成分しか配合できないので、シャンプーに使われている成分が内臓に蓄積するという発想には無理があるとも指摘されています。 「性器は腕の42倍も吸収率が高い」は不適切な引用?

ネットでは「デリケートゾーンは経皮吸収量が腕の42倍も高いので、女性は経皮毒に気をつけましょう」といった情報が拡散されているのをしばしば目にします。

この情報は経皮毒の危険性を説明した書籍の中の一節で「皮膚は部位によって付着した成分の吸収量が異なり、経皮吸収量は腕の内側を1とすると頭皮で3.5倍、性器は42倍もあり、経皮毒の影響を受けやすい部位である」という話のくだりなのです。

しかし「日用品レベルの成分で本当に経皮吸収量が42倍もあるのか疑問」という指摘も出ています。

実は「性器の経皮吸収量が腕の42倍」というのは、経皮吸収量が非常に強いステロイドの一種を皮膚に塗った時のデータを引用したものだと言われています。

実際、日用品にステロイドのような経皮吸収量の強い成分が配合されることはありません。シャンプーの話にステロイドのような劇薬のデータを引用するのは不自然だと指摘されているのです。 自然派グッズの売り上げを伸ばすためのツール?

経皮毒は危険なので、有害な化学物質が使われていない自然派の製品を使いましょう。」と経皮毒の危険性を訴えているショップや美容師さんのサイトもみられます。

確かに自然派の化粧品や洗剤が環境や体にやさしいのは分かりますが、2008年には他社の製品を取り上げて過剰に経皮毒の危険性をうたい自社製品を勧誘販売しようとしたメーカーが、特定商取引法の違反で業務停止になったこともありました。

この頃から「経皮毒はデマで、自社製品の売り上げを伸ばすためのツールなんじゃないか」と疑い始める人も出てきたようです。

かといって経皮毒がデマだという科学的な検証も行われていないので、実際のところは肯定も否定もできない状態です。

しかし、「合成シャンプーを使っている女性の羊水は香料の香りがするそうです。」「化学的なカラーリング剤を使っている人は頭蓋骨まで色が染まっているそうです。」といった都市伝説のようなフレーズが拡散され続けているのは困ったことです。 消費者も体の仕組みを勉強して正しい情報を選択し、意味のない買い物をしないよう気をつけなければならないなと改めて思います。 シャンプーは経皮毒より皮膚炎に注意

科学的な裏付けがないので確かなことは言えませんが、専門家や医師らの意見から判断すると、私達がシャンプーなどの化粧品を選ぶ時には経皮毒についてそこまで神経質にかまえる必要はなさそうです。

強いて言えば、シャンプーによる健康被害なら経皮毒というよりも「接触性皮膚炎」「アレルギー性皮膚炎」が起こる可能性を心配するのが妥当かと思います。

どちらもシャンプーに配合されている成分が原因で起こる皮膚炎ですが、それぞれ性質が異なります。

接触性皮膚炎 皮膚になんらかの物質が接触した刺激で炎症が起こる皮膚炎

アレルギー性皮膚炎 特定の物質にアレルギー反応を起こす皮膚炎

もしも頭皮に次のような症状があらわれたら、これらの皮膚炎が起こっている可能性があるので、そのシャンプーの使用を中止しましょう。

かゆみ
赤み
湿疹
水疱
フケ
ピリピリした痛み

頭皮と同時に顔、首などシャンプーの泡と接触した部分に炎症が起こることもあります。

シャンプーで皮膚炎を起こした時、接触性かアレルギー性かどうかはアレルギー検査をしてみないとはっきり分からないので、シャンプー容器またはシャンプーの容器に表示されている成分名を記入したメモも持参して皮膚科を受診することをおすすめします。

検査をしてシャンプーに配合される成分にアレルギーの原因が見つかれば、アレルギー性皮膚炎です。今後は容器の成分表示をチェックし、原因となる成分が配合されている化粧品の使用を避ければ、皮膚炎を起こすことはなくなります。

アレルギーが見つからなかった場合は、アレルギーの有無に関係なく起こる接触性皮膚炎と考えられます。

一時的に皮膚のバリア機能が低下した時に、今までなんともなかった成分が刺激となって炎症を起こしてしまう病気、俗に言う「かぶれ」です。皮膚のバリア機能が回復するまでは、もっと刺激の弱いシャンプーを使う必要があります。 大きく分けて4タイプ・どんなシャンプーを使うのが良い?

経皮毒による影響を神経質に心配する必要はないにしても、シャンプーはバリエーションが豊富なので、その中から自分に合った製品を一つ選ぶというのは難しいことです。

CMのイメージや口コミサイトの情報にひかれて選んだけど自分には合わなかった、ということも少なくありませんよね。

シャンプーに限らずどんな化粧品に共通することですが、いくら評判が良くても全ての人に合う製品はないので、実際に使ってみて自分に合うことを確認する必要があります。

試供品を使ってアレルギーやかぶれが起こらず、値段・使用感・仕上がりが好みであれば自分に合うシャンプーだといえるでしょう。

ただし片っ端から製品を試していくのは無理なので、まずは大まかに4タイプの中からタイプを一つ選ぶと良いでしょう。 タイプ 特徴 主成分 値段 刺激 高級アルコール 市販されているシャンプーのほとんど

ラウリル硫酸
ラウレス硫酸
スルホン酸Na

など 安価 強い アミノ酸 頭皮や髪と同じアミノ酸でマイルドな洗浄力

ココイルグルタミン酸
コカミドDEA
メチルアラニン

など 高価 弱い ベタイン アミノ酸タイプよりさらにマイルド

ラウリルベタイン
コカミドプロピルベタイン

など 高価 弱い 石鹸 最も安全・洗浄力が強く髪がきしきしすることが多い

石鹸素地
脂肪酸カリウム
脂肪酸ナトリウム

など 物による 弱い

容器のパッケージを見れば「アミノ酸系」「石けんシャンプー」などとシャンプーの特徴が書いてあるので、使いたいタイプの製品を探すのはそう難しくないでしょう。

アレルギー性皮膚炎や接触性皮膚炎を起こしやすいのは、高級アルコールタイプのシャンプーなので、アレルギーが心配な人や皮膚が敏感な体質の人は、高級アルコールタイプ以外のシャンプーを選ぶのが無難です。

近年は「シリコン(シリコンオイル)が頭皮を詰まらせて髪と地肌に良くない」とされ、ノンシリコンシャンプーが増えてきています。

シリコンオイルが毛穴に詰まるというのは誤解で、髪の表面をつるつるにする効果があるので、シリコン入りかノンシリコンを選ぶかは、健康のためというより仕上がりの好みで選ぶのが良いでしょう。 むやみに化学物質を避けず上手に付き合っていくことも大切

化学物質の中には確かに人体に刺激を与えるものも存在しますが、薬事法によって化粧品に危険な成分を配合することは禁止されているので、市販されている化粧品に配合されているレベルの化学物質は基本的に安全と考えて良いでしょう。

また、化学物質はデメリットばかりが注目されがちですが、化粧品や洗剤の品質を向上させるためには欠かせないものです。化学物質を全く使わずに化粧品や洗剤を製造するのは非常に難しいと言われています。 私達はなるべく体にやさしい良質な製品を選ぶようにしながら、むやみに化学物質を避けるのではなく、その性質を理解して上手に付き合っていくようにするのが賢い選択と言えるのではないでしょうか。

妊娠初期の抜け毛・脱毛の対策

妊娠初期の抜け毛で困っていませんか?

排水溝に黒々とした物体が・・・抜け毛の恐怖 妊娠してから抜け毛がひどい!今までの2倍になった・・・シャンプーしていると髪が抜けて排水溝が詰まってしまった・・・どうすればいいかわからない・・・など。 妊婦さんの抜け毛は、妊娠中に赤ちゃんにエネルギーを与えるために起こる現象で、あなただけの特別な症状ではありませんので安心してください。 完全に予防や対策をすることは難しいのですが、なぜ起きるのか?どうすれば症状を和らげることができるのかをご紹介いたします。 1.妊娠中の薄毛・抜け毛の原因 1.1.ホルモンの影響

妊娠中は、プロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンの分泌が活発になります。プロゲステロンは出産までの間、妊娠を維持し、栄養分や水分を体内に貯蔵する作用を行う女性ホルモンのひとつです。 妊娠時に、むくみなどが起こりやすいのはプロゲステロンの働きが関係しています。 プロゲステロンには、毛髪の成長を促進する作用もあり、毛髪の寿命を延長させ、本来、抜けるはずの毛髪を成長させ続ける働きがあります。 この作用により、妊娠中は髪が増えるという人も多いのですが、逆に、プロゲステロンの増量にともなうホルモンバランスの変化により、ヘアサイクルが乱れる人もいます。 1.2.ヘアサイクル

ヘアサイクル(毛周期)は、成長期・退行期・休止期の3つに期間から成り立ち、それぞれ一定の周期で繰り返されています。 ヘアサイクルはホルモンの影響を受けやすい為、妊娠にともなうプロゲステロンの増量により、サイクルが乱れて発毛から抜け毛までの期間が短くなるケースがあります。 妊娠中はお腹の赤ちゃんに栄養分を吸収されやすいので、毛髪の生成に栄養が回らなくなり、髪が細くなったり抜けやすくなったりします。 2.妊娠中の薄毛・抜け毛の対策 2.1.バランスのとれた食事を摂る タンパク質 バランスのとれた食事

毛髪は硬質のケラチン(keratin)と言うタンパク質からできています。 このケラチンは18種類のアミノ酸で構成されています。中でももっとも多く含まれているのがシスチンというアミノ酸です。 このシスチンは体内でメチオニンからつくられますが、メチオニンは体内で合成されない必須アミノ酸ですので、食事でたんぱく質を補給しない限り髪の元が作られません。 植物性たんぱく質なら大豆や玄米、とうもろこし、動物性たんぱく質なら肉や魚、たまごから摂取することができます。 大豆は魚や肉よりも栄養バランスがよく、効率よく成分が体内で吸収されますから、納豆や豆腐は毎日欠かさず食べたい食品です。 ビタミン

タンパク質はビタミンB6がないと代謝ができません。ビタミンB6は、イワシ、マグロ、サバなどに含まれますからこれらは積極的に摂りたい食品です。 頭皮の健康維持、血管の目づまり防止のためには、抗酸化作用のあるビタミンA、C、EとEPA(エイコサペンタエン酸)が必要です。 ビタミンAは緑黄色野菜やうなぎに、ビタミンCはレモンやオレンジに、ビタミンEは玄米、ごま、ナッツ類に、EPA(エイコサペンタエン酸)は青魚(イワシ、サバ、鰤など)に多く含まれています。 その他にも髪の良い食品ベスト10 ≫などを参考にバランスの良い食事を心がけてください。 2. 2. 頭皮を清潔に保つ シャンプー

抜け毛の原因として過度の洗髪による皮膚障害と不潔によるフケ、アカによる毛詰まりがあげられます。 つまり頭皮を清潔に保つのに必要最小限の洗髪をするということになります。 シャンプーの回数

シャンプーは基本的には3日に1回、髪がオイリーな方でも2日に1回程度が良いようです。 毎日の洗髪は多すぎますし、1日2回の洗髪(朝・夜)は論外です。ただし、水洗いならば毎日でも問題ないようです。 シャンプーの方法

正しいシャンプーの方法としては、髪全体を泡だて、指腹で髪・頭皮を軽くこすります。 この時、皮膚に爪をたてないでください。皮膚炎のもとになります。 また、頭皮をきれいにしようとゴシゴシ擦って洗う方がいますがこれは逆効果で、毛が擦り切れて抜け毛が増える場合があります。 やさしく泡で汚れを落とすように洗ってください。 フケは厳禁

フケは頭皮の角質組織がはがれ落ちたものです。 このフケを頭皮の微生物が分解するとその分解産物の刺激でかゆみ、ひいては脱毛が起こります。 フケの多い方はよく洗髪して頭皮を清潔に保つことが必要です。 ※より詳細は『絶対にハゲたくない人のための正しい髪の洗い方』で説明しています。 2.3.睡眠をしっかりとる 睡眠をしっかりとる

睡眠時間が不足したり、睡眠の質が低下すると成長ホルモンの分泌が少なくなる抜け毛の原因となります。 育毛のゴールデンタイム

夜10時から2時までの4時間は、成長ホルモンの分泌量が最も増える時間帯で、この時間帯は熟睡できるように心がけてください。 就寝後、眠りについてから2時間以後に、成長ホルモンの分泌が活発になります。 ストレスに注意

また、ストレス無く熟睡したほうが、成長ホルモンの分泌が活発になるとされていますから、こちらも意識してください。 薄毛・抜け毛を治すためには、早寝早起きの生活を送りましょう。 まとめ

タンパク質とビタミンが含まれたバランスの良い食事を摂る
シャンプーは2日~3日に1回程度にする。水洗い(湯洗い)は毎日でも可能です。
シャンプーはゴシゴシではなくて、やさしく頭皮をマッサージするように洗う。
育毛のゴールデンタイム、夜10時から2時までの4時間は、睡眠をしっかりとる。

結論

妊娠初期の抜け毛・脱毛は、出産後の抜け毛ほどではないものの、抜け毛が2倍になった・もともとの毛量がないので悩みが深刻など、多くの妊婦さんが経験しています。 この症状はホルモンバランスの変化による抜け毛ですので、完全に対策するの難しいのですが、まとめで箇条書きにした項目、タンパク質・ビタミンが含まれたバランスの良い食事を1日3回しっかりと摂取する・シャンプーによる洗髪はやり過ぎずに適正な感覚で行う・洗い方はやさしく指の腹で頭皮をマッサージするように行う・育毛のゴールデンタイムである夜10時から2時までの時間は、熟睡できるような生活習慣にするなど、健康的で規則正しい生活をすることで、十分に対策や予防することは可能です。 また、合わせて当サイトが紹介している女性向けの育毛剤・薬用スカルプエッセンスCA101や女性向けの育毛シャンプー・天然アミノ酸オーロラシャンプーなど、口コミでの評価が高い育毛剤や育毛シャンプーの使用のご検討をお勧めしています。

妊娠中の頭皮の悩み 妊娠中のフケや頭皮の痒み

妊娠すると、女性の体には様々な変化が表れます。例えば、体毛が濃くなることや肌荒れが挙げられます。このような変化は、頭皮や髪の毛にも表れます。妊娠中にフケが出るようになった、頭皮が痒くて我慢できないといった悩みは多くの妊婦さんが経験しています。

妊娠中にフケが出るようになったという悩みは多くの妊婦さんが経験

妊娠中のフケや頭皮の痒みは、ホルモンバランスが関係しています。

妊娠すると、体内では女性ホルモンの分泌量が増加します。女性ホルモンは妊娠中には必要不可欠なホルモンですが、女性ホルモンの1つである黄体ホルモンには皮脂を多く分泌する働きがあります。この働きによって妊娠前よりも皮脂が多く分泌されるようになり、頭皮にも皮脂が溜まりやすくなってしまうのです。

更に、妊娠中は体温が高くなるため、妊娠前よりも汗をかきやすくなります。これも頭皮の皮脂が増える原因と言えるでしょう。このように妊娠中は皮脂が多く分泌されることによって髪の毛がベタベタに感じることがあります。

ちなみに、妊娠中の頭皮の悩みは妊娠初期よりも妊娠後期に近づくにつれて感じることが多くなるようです。

これは、妊娠後期に女性ホルモンの分泌量がさらに増えるためです。また、妊娠中は男性ホルモンよりも女性ホルモンが優位になります。男性ホルモンは抜け毛の原因と言われていますが、妊娠中は男性ホルモンの働きが抑制されるため抜け毛に悩まされることは少ないようです。 妊娠中だけの悩みでもなんとかしたい!

妊娠中のフケや頭皮の痒みは、妊娠中ならではの症状です。多くの人は出産後に症状が改善します。そのため、そこまで考えすぎないことも大切と言えるでしょう。妊娠中はストレスを感じやすく、ストレスは胎児にも悪影響を与えます。

妊娠中のフケや頭皮の痒みは、妊娠中ならではの症状

とはいえ、やはり頭皮の痒みを我慢するのは難しいですよね。

妊娠中は痒みを抑える薬も極力控えたいですし、皮膚がデリケートになっているため頭皮を掻きすぎると出血することも考えられます。また、フケが出ることによって不潔感のある見た目になってしまいます。このようなことから、妊娠中の頭皮湿疹を改善したいと思う人も多いのです。 妊娠中の頭皮湿疹を改善するには? ヘアケア方法の見直しをする 妊娠中に適したシャンプーもたくさん販売されています

little bottles / kerinin https://www.flickr.com/photos/kerinin/190446980/

妊娠中のフケや頭皮の悩みを改善したいのであれば、まずはシャンプーを見直してみましょう。

妊娠中の肌はとっても敏感です。そのため、妊娠前に使っていたシャンプーだと刺激になってしまうことがあります。

妊娠中に頭皮の異常を感じたら、低刺激のシャンプーに替えてみましょう。妊娠中に適したシャンプーもたくさん販売されているため、ぜひ試してみてください。多くの妊婦さんが、シャンプーを替えることで頭皮トラブルを改善しています。

妊娠中はシャンプーやトリートメントだけでなく美容液でのケアもプラスしましょう。

美容液を使用することで、頭皮の痒みを抑えることができます。ただし、妊娠中は低刺激で無添加の美容液を選びましょう。刺激が強いものを使ってしまうと、逆に頭皮トラブルの原因となってしまうことも考えられます。 頭皮への刺激をなるべく避ける

フケが出たり頭皮が痒いと、ついついシャンプーの時に爪を立ててしまいますよね。

しかし、妊娠中は頭皮に刺激を与えてはいけません。シャンプーの際には優しく頭皮を撫でることを意識しましょう。もちろん、普段から頭皮を掻かないように気を付けることも大切です。

妊娠中に頭が痒くなったら…頭皮湿疹(脂漏性皮膚炎)について

妊娠中に頭が痒くなったら

妊娠中のマイナートラブルの一つで「頭が痒くなること」があります。これは、全員に起こるマイナートラブルではなく、一部の人だけが頭のかゆみの症状に悩まされるようです。

「頭が痒い・・・でも、ヒドくなるといけないから掻けない。」掻くのを我慢するのはとても辛いですし、イライラしちゃいますよね・・・。そんな妊娠中の頭皮のトラブルについてお勉強しましょう。

妊娠中、頭皮の痒みを引き起こす脂漏性皮膚炎って何?

妊娠中に起こる頭皮の痒みの原因は、脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)が原因である事が多いといわれています。

脂漏性皮膚炎とは・・・脂漏性皮膚炎は、脂漏性湿疹(しろうせいしっしん)とも呼びます。脂漏性皮膚炎は皮脂の分泌が多い場所(鼻の周辺や頭皮など)を中心に起こる皮膚炎です。マラセチア真菌の異常繁殖により起こります。妊娠中はホルモンバランスが乱れることにより、皮脂が過剰分泌されるため、マラセチアが異常に繁殖しやすくなります。そのマラセチアの代謝物が肌に炎症を引き起こすと考えられています。

マラセチア真菌とは・・・・マラセチアという真菌(カビ)は、ヒトの皮膚に普段から存在する常在菌です。皮脂をエサにしているので、皮脂が多い状態だと大量に繁殖します。

常在菌というのは、私達ヒトの身体に常に存在する病原性を示さない菌です。ですが、量が多すぎると何らかの影響やトラブルがあらわれる事があります。

妊娠中に起こる脂漏性皮膚炎の症状とは?

マラセチア菌が皮膚を刺激した場所が赤くなり痒みを伴います。その後、皮膚が荒れてカサカサします。頭にできた場合は皮膚が瘡蓋(かさぶた)となって剥がれ落ちてくるため、多くの方は「フケ」だと勘違いしてしまいます。

起こりやすい部位は以下の場所です。

頭皮
耳のうしろ
わきの下
顔
足の付け根

皮脂腺が多く皮脂の分泌量が多いところ(油っぽいところ)にできやすいです。

妊娠中に脂漏性皮膚炎になる原因とは?

ホルモンバランスの乱れ
睡眠不足
ストレス
生活環境の変化
食事のバランスの偏り
シャンプーのしすぎや、すすぎのこし

上記などが原因だと言われています。妊婦さんが脂漏性皮膚炎になる原因は、妊娠によりホルモンバランスが崩れることや、ストレス、生活環境の変化が大きく関係しています。ホルモンバランスが崩れると、皮脂が多く分泌されます。また、妊娠すると体温が高くなるので、汗をかきやすくなり、頭皮に皮脂が溜まっていき、頭皮のマラセチア菌のバランスが崩れ、異常繁殖してしまいます。マラセチア菌は頭皮の皮脂をエサにしています。マラセチア菌が増えすぎると、皮膚を刺激して皮膚炎が起こります。そこが痒くなるのです。

妊娠中に行う脂漏性皮膚炎の治療方法とは?

妊娠中に頭皮湿疹の症状がある場合は、産婦人科医や皮膚科で相談しましょう。妊娠中は内服薬を使わず、外用の抗真菌薬のみで様子をみることが多いようです。そのほかに荒れた皮膚を回復させるために、ビタミンB、Cが処方されることもあります。

妊娠中に脂漏性皮膚炎になったらシャンプーをしっかり選ぼう!

脂漏性皮膚炎になってしまった場合、シャンプーの選び方もとても重要です。合成界面活性剤が使われていない低刺激シャンプーや、無添加シャンプーを選びましょう。

頭皮の症状が悪化している場合は、菌の増殖を抑える抗真菌剤が含まれたシャンプーを使用することをおすすめします。リンスは油脂成分を配合しているものが多いので、症状が改善されるまでは控えるようにしましょう。

妊娠中に脂漏性皮膚炎を悪化させないために

爪をたててゴシゴシ力任せに洗うのではなく、髪の毛だけでなく頭皮をマッサージするようにやさしく、しっかり洗いましょう
皮膚の代謝を上げてくれる、ビタミンB2やB6、ビタミンCをとり、バランスのとれた食事を心がけましょう
紫外線をあびないように気をつけましょう。紫外線は皮脂の酸化や炎症の原因になります
規則正しい生活をしましょう。睡眠不足やストレスや疲れをためないようにしましょう

脂漏性皮膚炎におすすめのシャンプー

【産後の抜け毛に地肌ケア】【すこやかな髪を育てる】 シンスユー オーガニックヘアケアセット【送料無料】30日間全額返金保

産後 / 脱毛 / シャンプー / トリートメント / 妊娠

ヘアケアセット

↑公式サイトはこちらをクリック!!



スポンサーリンク


スポンサーリンク