読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乾燥の季節到来! むくみが! 足のむくみが! 足のむくみの原因は? 足がむくむ、なんとかしたい!!

あなたは、足のむくみで悩んでいませんか?

足のむくみ(浮腫み)の本当の原因

一日中立ちっぱなしだったり、デスクワークで座り通しだったりすると、 夕方になって靴がきつくなる、という経験はありませんか? 指で押すとその跡がくっきりと残るほどにパンパンになってしまうこともあります。

このような“むくみ”と言う現象、これは医学的に浮腫(ふしゅ)といい、 女性によく見られる症状のひとつです。

なぜ、むくみが起きるのでしょうか。

むくみのメカニズム

むくみは血液の循環と深く関わっているんですよ。 心臓がポンプのような働きをすることにより、 私たちの体内に流れる血液は動脈を通して水分や栄養分を 細胞へ供給する役目を果たしています。

それと同時に、細胞内で不要となった水分が、 静脈やリンパ管に戻ってきて再び体内を循環します。 しかし、静脈やリンパ管がスムーズに流れずに、 戻ってくるべき水分が溜まってしまっている状態が むくみという状態なんですね。

むくみを引き起こす原因

原因はいくつかあり、一過性のものと、血管や肝臓、腎臓、 または心臓の障害による何らかの危険サインである可能性もありますので侮ってはいけません。

(1)長時間の起立状態

長い時間立っていると、重力により血液は足に溜まってしまいますよね。 すると、静脈は圧が高くなってしまい、 戻ってくる水分を受け入れることが難しくなってしまうのです。 立ち仕事をしている方の足がむくみやすいのは、このような原因があるからです。

(2)運動不足による冷え性や血行不良

足の筋肉は収縮することにより血液を循環させるポンプの役目を果たします。 運動不足によって足の筋肉が衰えると、そのポンプ機能が低下してしまい 足に水分が溜まりやすくなってしまいます。 さらに足先の毛細血管まで血液が潤滑に流れなくなり、 冷え性や血行不良を伴うむくみが起こります。

(3)水分・塩分の摂り過ぎ

水分や塩分を採り過ぎることにより、血液中の水分が増えてしまいます。 それにより余分な水分が留まりやすくなり、むくみの原因になります。

(4)下肢静脈瘤

静脈にある血液の逆流を防ぐための静脈弁が壊れることで血液が逆流し、 血液が足に溜まってしまう血管の病気が原因でむくむことがあります。 悪化すると、溜まった血液により肌が黒ずんだり、湿疹やかゆみの元にもなります。

(5)肝臓の病気

血管内に水分を保持するアルブミンという成分があります。 これは肝臓で作られるのですが、肝臓が弱っている時にはこの成分がうまく生成されなくなります。 そのため、動脈の水分が血管の外に出やすくなり、 静脈では血管に水分が戻りにくい状態になってしまい、むくみを引き起こすことがあります。

(6)腎臓の病気

腎臓が何らかの原因で弱っていると、 身体の中の余分な水分を尿として排出できなくなり、むくみの原因になることがあります。 その他、血液を送り出す役目をしている心臓が弱っていて、むくみの原因になっていることもあります。 このように、むくみには本当にさまざまな原因が考えられるのです。 普段と変わらない生活や立ち仕事などをしていないのに 突然足のむくみに悩まされたり、慢性的なむくみが1週間以上続く場合には、 内科など専門医による診断を仰ぎましょう。 そうでない場合には、血液の循環を促してあげるマッサージやツボ押し、 足枕、足湯などのセルフケアが有効ですよ。

足のむくみの原因と解消方法は?【甲に痛みがあるときは注意!】

足のむくみが気になる女性は多いですよね。 朝と夕方では足の太さが違うほど、むくんでしまう方も居ますよね。 むくみやすい体質の方の効果的な解消法とはどのようなものがあるのでしょうか。

足のむくみの原因は塩分と水分になります、 マッサージや運動などでも足のむくみは解消できます。 むくみ解消のサプリメントなどもありますので、 夕方に足がパンパンになってしまう方は試してみるのも良いかもしれませんね。

夕方になると足がむくんでダルい…という経験のある方も多いと思います。

足のむくみの主な原因は、 『病気やケガからくる病的なもの』と『短時間で治まる一過性のもの』があります。

病的なものとしては、肝臓や腎臓の疾患、血管やリンパ管の疾患、 貧血や妊娠中毒症などがあります。

起床後1~2時間程度で治まる場合は、 病的なものではなく一過性のものと考えられます。

一過性のものの原因としては、

塩分の摂りすぎ、冷え性 睡眠不足、ホルモンバランスの乱れ、運動不足 長時間座りっぱなし、立ちっぱなし、 リンパの流れ・代謝が悪くなる

などがありますね。

リンパ液の流れが疲労やストレスなどで滞ると、 間質液であるリンパ液がリンパ管に入ります。 リンパ液が正常に代謝されないと余分な水分が皮膚の下に溜まります。

これが『むくみ』の状態なんですね。

では、足の甲のむくみの原因は?

足の甲のむくみの主な原因は、血行不良・リンパの流れが悪い・運動不足、 などが挙げられますが、稀に腎臓や血管の病気が原因である場合があります。

何をしてもむくみが改善されない、というような場合は、 一度、医療機関を受診することをおすすめします。

立ち仕事やデスクワークなど、 常に同じ姿勢でいると足の甲はむくみやすくなりますね。

なぜなら、体内の塩分や水分は重力の影響を受けやすいから。 人は起きているとき、常に足が下にあります。 立っているときはもちろん、座っているときも足は下にありますよね。

そのため、重力の影響を受けやすい塩分や水分が足に溜まりやすくなり、 結果 むくみ が起きるのです。

痛みがある時の原因は?

慢性的に足がむくみ、しょっちゅう痛みがあるという人は、要注意ですよ。 腎臓や肝臓の病気がある可能性がありますからね。

その他にも、血管障害などの可能性もあります。 老廃物が蓄積し、臨界点を超えると血管が詰まってしまい、動脈硬化を引き起こします。 これを『閉塞性動脈硬化症』と言い、血流不足を招きます。 血流不足になるということは、むくむ、ということですよ。

足は心臓から遠い位置にあります。静脈から心臓へ血液を戻すために使えるのは足の筋肉のみ。 足の筋肉が衰えると、むくみやすくなるのです。

慢性的に痛みを伴う足のむくみがある人は、病気が原因である可能性が高いです。 この場合、個人レベルのケアではどうすることも出来ませんから、 医療機関を受診してみてください。

どんな解消法がある?

まずは、足のむくみの原因を知ることですね。

むくみの原因は運動不足や塩分の摂りすぎ、ふくらはぎの筋肉の低下など。 つまり、これらの原因を取り除いていけばいいのです。

ストレッチや血行を良くするためのマッサージ、筋力アップの運動、 などが効果的ですね。

辛い食べ物を控え、水は1日2リットルは飲むように心がけましょう。 また、塩分の排出を促すカリウムを積極的に摂るようにしましょう。 筋力アップの運動も、難しく考えなくて大丈夫です。 つま先立ちや軽い屈伸運動などで十分です。

また、足を高くして寝るとむくみは随分解消されると思います。 このとき、だいたい足は10~15cmくらい高くするといいと思います。

ツボは効果的?

足のむくみに効果的なツボが存在するのを知っていますか? 今回は足のむくみに効果的なツボをいくつか紹介します。

・曲泉(きょくせん)

膝の裏のシワの内側の端にあります。水分や疲労物質の排出を促す作用があります。

・大谿(たいけい)

足首の内くるぶしとアキレス腱の間にあります。肝機能の上昇や、むくみや疲れをとる効果があります。

・豊隆(ほうりゅう)

ふくらはぎの外側、筋肉が一番盛り上がっているところにあります。

ツボを押すときは、『ちょっと痛いけど気持ちいい』くらいの強さにします。 強く押せば効くわけではないので、強く押しすぎないようにしましょう。

これらの他にも足のむくみに効果的なツボはあります。 このツボが全てではありませんのでご注意くださいね。

薬で解消できる?

足のむくみを解消するための市販薬があります。 『アンチスタックス』や『ラシックス』などが有名でしょうか。

これらの薬は、摂りすぎた水分や塩分(ナトリウム)を尿にかえて 体外に排出しやすくする働きがあります。

しかし、薬には副作用があることもあるので、 市販薬に頼るよりもまずは病院を受診し、 きちんと医師や薬剤師の指示のもと、用法・用量守って服用してくださいね。

薬を飲むよりも、毎日の食事を気にしてみましょう。

例えば、外食やコンビニ弁当などを頻繁に食べている人は、 塩分を摂りすぎている可能性が高いです。

日常的に食べている食材も、塩分を豊富に含むものは意外に多いので、 知らず知らずのうちに塩分を摂りすぎている人は多いと思います。 なるべく薄味で和食中心にするなど、食生活を見直してみてみましょう。

マッサージで解消する方法は?

足のむくみを解消するには、毎日のマッサージが効果的です。 短い時間でもいいので、『毎日続ける』ことが大切ですよ。

例えばですね、

・太もものマッサージは2分で出来ます。 膝から足の付け根に向かって両手で挟むようにさすります。

・内もものマッサージも1分で出来ます。 ももの肉を掴み、外側から内側へねじるように行います。

・ふくらはぎのマッサージも1分で出来ます。 手で包むように、足首から上へ向かって行います。

・足首のマッサージも1分で出来ます。 右手と左手を少しずらして足首を握ります。両手の親指で円を描くようにマッサージします。

太ももから足首まで全ての部位を合わせても、所用時間はおよそ5分ですよ。 短時間でも充分な効果が見込めますので、ぜひやってみてください。 また、仰向けで横になり手足を上げて軽く振る運動も、 簡単なわりに効果的なのでおすすめですよ!

足のむくみがあるだけで足が太くみえてします。 むくみをスッキリしたら一気に細くなったという口コミもたくさんあります。

10分でわかる足のむくみと解消法のまとめ

女性の天敵とも言える「むくみ」解消できればと思いまとめてみました参考になれば幸いです。 むくみを放っておくとどんどん足が太くなってしまうので一度チャレンジをしてはいかがでしょうか?

足のむくみの原因を知ることにより、その予防をすることができます。 もし、むくんでしまった場合でも、効果的なマッサージやツボを刺激することで、 ずいぶんと楽になりますよ。

足のむくみの原因は一体何なのでしょうか。 足のむくみで悩んでいる方はたくさんいらっしゃると思います。

足のむくみは自分で確認することができます。 一つは、ふくらはぎのだるさ。これは大多数の方が経験したことがあると思います。 それとふくらはぎに弾力性がなく、ブヨブヨとしていないかどうか。

もう一つは足首の少し上を、指で20~30秒間押さえます。 指を離した時に、指の跡がくぼんでしばらく残れば、体がむくんでいると確認できます。

足のむくみの原因には、立ち仕事やデスクワークで同じ姿勢を続けて血流が妨げられる場合の他、 運動不足、睡眠不足、冷房、ストレス感、足を締め付ける靴、ヒールの高い靴、 血流が妨げられる締め付ける下着なども原因となります。

特に、ふくらはぎのむくみは、腰痛が原因になっている場合もあります。 足のむくみの原因には、黄砂も考えられます。 腎臓にも負担をかけるので、下肢静脈瘤が進行して、足のむくみも悪化させます。

脚のむくみチェック

まずは下記で、「脚のむくみやすさチェック!」をしてみましょう。チェック項目が多いほど要注意!

□ 夕方になると靴がきつくなる(入らない) □ 脚がダルかったり重かったりする □ 朝になってもむくみがとれない □ 手・足の先が常に冷たい □ 脚を指で押した跡が消えにくい □ 汗をあまりかかない □ 肩こりがひどい □ お風呂はシャワーで済ませる □ 熟睡できないことが多い □ 立ちっぱなしor座りっぱなしでいることが多い □ 運動する機会が少ない □ 仕事でストレスがたまりがち □ 塩辛い味付けを好む □ 野菜や果物をあまり食べない □ お酒をよく飲む □ 水分をあまり摂らないor摂りすぎる

どうでしょうか。ご自身に当てはまる項目はありましたか?

理想の脚に近づく為にはどうしたらいいの?!

脚むくみ原因1:老廃物の滞り

むくみとは、静脈やリンパの流れが滞り、老廃物が 管から漏れ出して細胞のすき間に溜まってしまう状態のことをいいます。 通常、ふくらはぎの筋肉を使って静脈やリンパ管をポンプにように動かし、 老廃物を上半身へと押し上げるものなのですが、 筋肉が衰えてポンプ作用がうまく働かなくなると、 体内の水分や老廃物が下半身に滞りやすくなり、むくみが生じてしまいます。

毎日の脚むくみチェックを習慣づけるのも大切なことです。 三日坊主になっては元も子もございません。 飽きっぽい人は、無理をせずに簡単な解消法から実践していきましょう。

脚むくみ原因2:冷え

また脚のむくみには、冷えも大きく関係しています。 日本人の女性約8割が悩んでる症状だと言われています。 自分の手を足の内くるぶしから3本分上の部分にあてた際に「冷たい」と感じたり、 押した時に「痛い」と感じる場合は、脚が冷えている証拠です。

このような冷え状態が続くと血流が悪くなるのと皮膚の下に水分がたまった状態になり、 むくみが発生。そして、むくんだ状態は筋肉を硬くすることで循環が悪くなり、冷えを増長。 さらには、筋肉が硬くなることで脂肪も燃焼しにくくなり、皮下脂肪も溜まりやすくなって、 脚がどんどん太くなるといった悪循環を招くことになりかねません。 冷えた脚はむくみだけでなく、筋肉を硬くすることで贅肉も付きやすくしてしまうのです!

脚むくみ原因3:生活習慣の乱れ

食習慣や生活習慣の乱れも脚のむくみには大敵。塩分や糖分、水分の過不足、 また、不規則な生活で自律神経の調整機能が乱れることも、脚がむくみやすくなるといわれています。 バランスのとれた食事、宵越しのむくみを残さないための質のよい睡眠、 そしてストレスフリーな生活も、むくみ予防には重要なことですよ。

適度な運動も重要

基本的なことですが、足のむくみ対策には適度な運動も重要です。 特にふくらはぎの筋肉を強化することで、ふくらはぎの筋肉のポンプ機能が強化され、 足に降りた血液を、心臓に戻してくれる働きをしますので、 結果、足にたまる水分が減り足のむくみが解消されます。

そのために、爪先立ちを繰り返す運動や、軽いランニングも効果があります。 脚のむくみは、一度むくむと癖になります。多少面倒だと思っても、 むくみは下半身太りや脚の太り、足首が太くなるなど、 見た目にもどうかな?ということもありますので、 美容のためにも真剣に取り組んでみるのはいかがでしょうか?

足のむくみと食べ物

リンパ管が詰まって老廃物がたまった状態にあるのなら、 それを静脈に流してあげればむくみは解消されるということですね。 これらはくるぶし周辺、べんけい周辺、ふくらはぎの裏などに位置していますので、 確認しておくとよいでしょう。

また、足の裏にもむくみに効くツボがあるので、 青竹踏みや棒状のものなどで刺激してあげるのも効果があります。 予防法としては、日中は水分を多めに摂り、夜は少なめに補給すると良いでしょう。 また、水分は、できるだけ温かい飲み物の方が良いです。

リンパ液濃度が高いと、リンパ管の中の老廃物が排泄され難くなり、 むくみの原因になります。辛い物や味の濃い物は避けた方が良いです。 スナック菓子やインスタント食品、ベーコン、ハムなどは塩分を多く含んだ食品なので できるだけ控えましょう。

カリウムを多く含む食品をとることで、足のむくみの解消にも効果があります。 じゃあ、逆に足のむくみに効果のある食べ物はなんでしょうか。

それは利尿作用があり、このような食品は体から余分な水分や毒素を排出し、 体の中の塩分を排出する働きを持つ食品になります。

具体的には、

すいか、きゅうり、あずき、バナナ、リンゴ

などですね。

足のむくみ 解消法のポイント

一般的に、足のむくみを解消するためには、冷やさないこと と 老廃物を溜め込まない こと の大きく2点に集約されます。

まず冷やさないということは、どなたでもお分かりかと思いますが、 冷えは血流を悪くしますので、その結果、足に溜まった血液や水分が循環しにくくなりますので、 結果的に足のむくみにつながります。

また夏場のエアコンの冷風は、部屋の下部に溜まりますので、 思った以上に足の冷えにつながります。

仕事でデスクワークが多い女性などは、 冷風が直接足に当たらないようにするなどの工夫することも、 足のむくみを解消するためのポイントです。

寒い冬は説明するまでもなく、足先から冷えてきますので、 厚めの靴下やストール、ストッキングなどに工夫が必要となります。

老廃物を溜め込まないということでも、同じ様なことがいえますが、 とにかく血流やリンパ液の流れを阻害するような、姿勢、生活習慣は避け、 特に同じ姿勢による血行不良での足のむくみを解消するためには、 足先やふくらはぎを、座ったままでの状態でも、常に動かすように意識することです。

マッサージについて

マッサージで足のむくみを解消

足のむくみは血行が悪くなると現れます。足には血行をよくする為のツボがたくさんあります。 足をマッサージする事によりある程度のむくみは解消する事ができます。 まずは足をマッサージして見ましょう。

オススメの足のむくみの解消法は?

個人的には温めて、冷やして解消、リンパマッサージなどがオススメです。 リンパがスムーズに流れるのを助け、水分や老廃物を排泄するのを助けることで、 リンパの流れがよくなります。 リンパマッサージは通常のマッサージのように強い力を使う事なく 実践できるため、女性にも自宅で容易にできるという長所があります。

またリンパの流れがよくなる事で代謝がよくなり、太りにくい体質に改善されるという効果も 期待できますので女性には嬉しいですね。特に心臓から一番遠い足の循環がよくなる事で 全身の流れをよくする事が出来、わずかながらダイエットにも効果が期待できます。

併用して効果のあるツボの指圧も行う事でより効果を期待できます。 妊娠中の方には通常の解消法はオススメできない場合があります。

■足のマッサージその1

1.片足を伸ばして、もう片方の足をももの上に載せます。

2.小指がら順番にマッサージしていきます。 (指の両脇は血管が通っているため念入りに行いましょう)

3,指の股をつまみ、指の間を広げます。

4.指を1本づつひっぱります。

5.足の裏を順番に指圧していきましょう。

6.足の指の間に手の指を入れ、足首を回しましょう。

■足のマッサージその2

■足裏たたき

1.拳をつくり、手の甲で足の裏を順番にたたいていくだけです。

※痛いと思うほど強くは叩かない事。

■足のマッサージ番外編

この方法は一番オーソドックスですが良い効果が期待できます。

1.仰向けに寝て、手足を軽くあげて下さい。

2.手首、足首の力を抜き手足を細かく振ります。

3.この事を何度か繰り返して下さい。

※大きく振らない事がポイントです。細かく振るようにしましょう。 ※寝る前などに行うのがベストです。

足のむくみをとるマッサージ の動画がありましたので、 貼っておきますね。

足のむくみをとるマッサージ

むくみ脚に効くツボ

マッサージにプラスして、むくみをとるツボを覚えておくと、いっそう効果的です。 仕事の休憩時間や家事の合間など、気がついた時に押すだけでも効果があります。

親指を使って、3秒押して離す、3秒押して、離すを数回繰り返してみましょう。

■湧泉(ゆうせん) 足の裏の真ん中の少し上のあたり、足指を曲げた時にへこむ場所です。 このツボは、足の冷え・疲労を解消してくれるツボです。

■足心(そくしん) これは、足の裏のど真ん中あたりです。このツボは腎臓と関係するツボです。 腎臓機能を働かせて体内のむくみをとる効果があります。

■心臓(しんぞう) このツボは、左足の裏にのみあります(右は違うツボです)。 場所は、左足裏の中指と薬指の下3~4cmのところです。

ここは、血流を良くするツボになりますので、 下半身のうっ血したことによるむくみや、老廃物のつまりを解消するのに効果的です。

ツボ押しのポイントは、強すぎず弱すぎずですよ。 個人差があると思いますが、痛いけど気持ちがいいな、 というぐらいの強さで押すのが良いです。 あまり強すぎると、痛みが残ってしまうので。

指で押すのが一般的ですが、ペンのキャップや、 爪楊枝を束ねたモノでも効果があるのだとか。

健康グッズで、ツボ押しの棒も売ってたりもしますよね。 指押しの時には、クリームやオイルを使うのも効果的です。

注意点もありますよ。 食後すぐや、高熱があるとき、体調が悪いとき、泥酔中、妊娠中は ツボ押しは身体に負担をかけてしまいます。控えましょう。

足つぼ(丁寧な解説付き) という動画がありましたので貼っておきます。

足つぼ(丁寧な解説付き)

足がむくむと病気なの?

足は第2の心臓と呼ばれているくらい重要な部分です。 全身の血液循環を知る上での重要な目安となり、思わぬ病気のサインかもしれません。 しかし浮腫みは女性の約8割が悩んでいる症状。浮腫み=病気ではありませんのでご安心下さい。 また妊娠中の浮腫みも、昔は妊娠高血圧症候群妊娠中毒症)の兆候とも考えられていたようですが、 最近では浮腫みは生理的なものと捉えられる様になり過度な心配は無いとのことです。

美脚になるためのヒントになれば、幸いです^^

さて、ここまでつらつらと脚のむくみについて語ってきたわけですが、 むくみは脚だけじゃありませんよね。

人間の体で最も見られる大事な箇所。

そう、お顔だってむくみます。

顔は第一印象を決める重要な部分ですので、 プクッとむくんでいるパンパンな顔よりも、 スッキリとした小顔で居るほうが印象が良いのは 間違いありません。

お顔の悩みとしては、

年齢肌 むくみ たるみ クマ くすみ 乾燥 毛穴 ハリ

など様々な悩みを抱えてらしゃる方も居ます。

年齢を重ねると、コラーゲンやエラスチンと言った成分が低下することにより、 ハリが無くなる、皮膚粗しょう症という症状が現れます。

そのまま何もケアをしないと、 どんどん肌老化は進んでいってしまいますので、 老化を食い止めて、若さを維持したいのであれば、 何かしらのケアは必須です。

肌老化の現象。

これらを改善する手立てとして、 幹細胞という細胞の元となる細胞があるのですが、 表皮・真皮幹細胞に元気を与えることが必要になってきます。

5種の必要な幹細胞エキスをまとめた美容液というものが 最近、新着商品として販売が開始になりました。

美容液だけではなく、美顔器も一緒にセットになったものもあります。

THE VEGAS 今、感じる美しさ。未来への確信

株式会社A&C VEGAS エイジングケア美顔器『THE VEGAS(ザベガス)』

美顔器 / ホームケア / 美容液導入 / 浸透スキンケア

雑誌でも話題になってます! THE VEGASで週1回「5分間」の威力。

芸術的フェイシャルケアができる商品です。

「5分間」の威力。芸術的フェイシャルケアを創造。

フリーダイヤルも設けてますので、 分からないことや不安点・疑問点などは 無料通話で全て解消してくださいね。

新しく出た新案件です、おすすめできますので、 お値段など詳細は公式サイトをご覧ください。

あなたのより良い生活の手助けになれば、幸いです。

THE VEGAS(ザベガス)

↑公式サイトはこちらをクリック!!